「人生がときめく片づけの魔法」に学ぶ節約術あなたはベストセラーにもなった「人生がときめく片づけの魔法」を読んだことがあるだろうか?

片づけコンサルタントの近藤麻理恵さんが「一度習えば、二度と散らからない」片づけ方法を述べている本である。この本を読めば、あなたの散らかっている部屋も片づくことは間違いない。

片づけが出来ない人は、節約も下手である。冷蔵庫の中身を把握しておらず食材を買いすぎる、同じような服を持っているのに忘れており買ってしまう、といったことが起きるからだ。

今回は「人生がときめく片づけの魔法」レビューとともに、節約につながる暮らし方について解説していく。


 

片づけは「捨てる」から始める

片づけは「捨てる」から始める「部屋が汚いので片づけたい!」と思っているあなたへ。まずは「捨てる」ことから始めよう。

片づけるというのは、散らかっている物を綺麗に収納することから始める人が多い。しかし、捨てることから始めることで、収納が格段にしやすくなる。

節約部としては、もしまだ使える物があるのであれば、ヤフーオークションで販売することもチャレンジしてほしい。ヤフーオークションが使いこなせるようになると、格安で買う・いらない物を売ることができるので、節約生活には必ず取り入れてほしい。

物を捨てる場合、捨てる基準があるという。それは「ときめきを感じるかどうか」で判断するというのだ。

「まだ着るかも・・・」と思うと、なかなか捨てられないものだ。そこで、服や物を全て出し、一つ一つ手に取ることが大切だ。「ときめく物は残し、ときめかないモノは捨てる。」には、手にとって触れてみて分かるのだという。

実際にやってみたが、やっている内に自分の中で捨てるかどうかを判断できるようになった。曖昧な基準だと思っていたが、捨てるかどうかを決めるには一番のやり方だと思う。

 

「場所別」ではなく「モノ別」で片づける

「場所別」ではなく「モノ別」で片づける片づけをする時「まずはリビング」「次に寝室」と場所別で行う方は多いと思う。しかし、「人生がときめく片づけの魔法」では「場所別ではなくモノ別」での片づけを勧めている。

また、片づける順番も大切だ。例えば、思い出の物から片付けに入ってしまうと、昔の思い出に浸ってしまい全く片づかない。片づけは衣類からやるべきだ。

片づける順番は下記となる。

トップス → ボトムス → アウター → 靴下類 → 下着類 → バッグ → 小物 → イベント物(浴衣など) → 靴

家にあるすべての服をまず床に並べて、一つ一つ手にとって捨てるかどうかを決める。なぜ全て床に並べるかというと、色んな部屋に服がある場合が多いからだ。

トップスが寝室と押入れに入っているといった場合がほとんどである。そこで、場所別ではなくモノ別で片づけることが重要なのだ。

 


収納は「限界までシンプル」にする

収納は「限界までシンプル」にする昼の番組でよく目にする収納術は、趣向を凝らした収納が多い。しかし、たいていは作った人の自己満足だ。これまでのステップでいる物だけを残しているので、収納はシンプルにできるはずだ。

また、収納場所は分散させてはいけない。自分の物は全て一か所にまとめることで、今までのように様々な場所に収納することはやめよう。

常に部屋が片づいている人の特徴として、「モノの定位置が決まっている」ことはとても重要だ。収納をしながら、あらゆるモノの定位置を決め、今後は必ずモノを定位置に戻すようにしよう。

ここまでくれば、絶対にリバウンドしない片づけができるはずだ。あなたがときめいたモノだけを残しているので、持っている物を把握でき、無駄なモノを買ってしまうということも無くなる。

 

片づけをすると人生が変わる

片づけをすると人生が変わる片づけをすると人生が変わることがよくあるのだという。例えば、あなたが本棚を整理するとしよう。

全ての本を出し、一つ一つ手にとって、ときめきがあるモノだけを残す。そこで、気づいたら社会福祉関係の本ばかりが残った。他の資格本などは全て捨てることになった。

あなたは自分が大切にしていたモノに気づき、転職をして社会福祉関係の仕事をすることになるかもしれない。

このように、あなたが大切にしているモノが見つかるのが「片づけの魔法」だ。自分という人間を知るために、片づけをするのも良いと思う。

[amazonjs asin="4763131206" locale="JP" title="人生がときめく片づけの魔法"]

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ