「たりないお金」から学ぶ3つの資産形成術20代・30代の人生設計入門書である「たりないお金」。老後の破綻を防ぐための資産形成術を解説した本である。

生涯年収が減り、地価が上がらず、年金も期待できない。将来を不安に思っている20代・30代の方は多いのではないだろうか?

人生の中で大きな買物を見直し、浮いたお金をどのように運用で増やすのかが分かりやすく説明されている。節約部を読んで節約生活を目指す方は、今後の貯金を増やすためにも、ぜひ参考になればと思う。

 

お金はどこに消えた?70歳でお金が尽きる

お金はどこに消えた?70歳でお金が尽きる20代の親世代サラリーマンは、意識してお金を貯めなくても、住宅や教育にお金をかけることができた。それは、「経済成長」「人口増」という前提があったからだ。

20代・30代の方が同じ考え方でお金を使っていると、破綻する可能性が高い。親世代と同じスタイルでは、もう限界なのだ。

30歳の普通のサラリーマン(年収510万円)が家を買い、保険に入り、2人の子供を育てるとする。贅沢な生活はせず、車も持っていない。

4,500万円のマンションを頭金400万円で買い、金利3%の30年ローンで買うと、頭金と金利を含めた総支払額は7,000万円にも上る。

また、保険は死亡保障と医療保障がセットになった保険で、月15,000円だ。年齢が上がると保険料はアップし、35年間で支払う保険料は1,000万円になる。

子供の教育費もかかり、60歳で退職金1,500万円を受け取る。しかし、約1,000万円はローンの返済となり、60歳時点で手元にあるお金は930万円ほどだ。

年金は65歳から受け取るため、それまでは契約社員として働く。ここまで頑張っても、70歳には貯金が尽きてしまう。

年金は現在よりも少なくなることは、誰にでも想像がつくだろう。現在の半額とした場合、公的年金だけで暮らす事は難しい。

 

人生の5大費用を見直してみる

人生の5大費用を見直してみる人生の5大費用である「住宅・車・保険・教育費・老後資金」を見直すことで、大きな改善が見込める。まずは、5大費用の平均を見てみよう。

住宅   : 約5,600万円
車    : 2,000万円~4,500万円
保険   : 約1,500万円
教育費  : 1人あたり800万円~2,000万円
老後資金 : 約3,000万円

そこで、下記のような対策が必要になる。

①住宅

住宅は賃貸を選択肢に入れる。現在は終身雇用制度が崩れ、いつ給与削減・リストラにあうか分からない時代だ。支払能力が安定しない中で、長期ローンを組むのはリスクがある。

また、人生の段階に応じて「家」に求めるものは変わる。子供が小さい時はたくさんの部屋が必要だが、独立して夫婦2人になると、狭い家で問題ない。

子供が独立するまでは賃貸に住み、独立した段階で家を購入するというのも検討すべきだろう。

②車

都市部に住む人は車を持たなくても生きていけるだろう。最近はカーシェアリングが増え、必要な時だけ使用することができる。

また、地方都市の人も車のコストを見直そう。ローンではなく一括で買い、コンパクトカーに変えることで維持費は大きく変わってくる。

③保険

保険はなるべく入らないのが基本だ。基本的に、日本人は保険料が高すぎる。

子供ができたら死亡保障に入ったり、遺族年金で足りない部分は保険で補う必要がある。医療保険は、健康保険で自己負担の上限が決められており、預金に余裕がある人は入らなくても良いだろう。

④教育費

教育費は高校~大学が急に高くなる。それまでにお金を使いすぎないようにしよう。習い事や洋服など、ついついお金をかけてしまう方も多く見られる。

大学では奨学金の活用も検討し、破綻しないようにしよう。

⑤老後資金

公的年金で足りない分は自分で準備する必要がある。むやみに生活レベルを上げずに、余ったお金は貯蓄や投資に回そう。

 


浮いたお金は運用で増やす

浮いたお金は運用で増やす5大費用を見直すと、浮いたお金が出てくる。浮いたお金は運用で増やすようにしなければ、老後はお金がたりない事態になってしまう。

安定的に運用するために、日本と外国の株式や債権を一緒に持とう。「貯金は安全だ」と思っている方が多いが、現在は円安傾向であなたのお金は目減りしている。

金額は変わっていなくても、物の値段が上がりお金は実質減っているのだ。最近野菜が高い…、と思っている方も多いのではないだろうか?

運用は様々な方法があるが、手数料の安い投資信託で世界分散投資をするのが最も簡単だ。30年後に資産形成をするために、これから勉強が必要だ。

 

人生設計をするために

人生設計をするためにあなたはこの記事を読んで、危機感を持っていただけただろうか?親世代とは日本の環境が違うため、同じような資産形成では破綻してしまう。

少しずつでも良いので、資産形成について勉強をするべきだろう。人生設計の入門書として「たりないお金」はとても勉強になった。

20代・30代の方にとって、これからの人生設計を考える機会になればと思う。

[amazonjs asin="4478009147" locale="JP" tmpl="Small" title="たりないお金―20代、30代のための人生設計入門"]

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ