FXで一攫千金は無謀だ

FXで一攫千金は無謀だ副収入を得る方法として、FXをやるサラリーマンが増えている。

本屋に行くと様々なFXに関する本が並んでおり、「月収100万円」「給料以上に稼げる」といった魅力的な言葉が並んでいる。節約部の読者にも、挑戦した方がいるだろう。

しかし、様々な投資がある中で、FXで一攫千金を狙うのは無謀と言わざる負えない。FXをきちんと理解すればとても有効な投資だが、大多数の人が理解していない状況だ。

今回は、FXの詳細と危険性、やっても良い方法について紹介する。

スポンサーリンク

 

FX(外国為替証拠金取引)とは?

FXとは、少額の証拠金をかけて大きく外貨を運用する取引だ。

例えば、あなたが50万円持っていたとする。このお金を証拠金として、アメリカドルを250万円分買って運用する。

この例では資金に対して投資が5倍だが、さらに倍率を上げることもできる。少ない資金で大きな取引ができるので、一攫千金を狙って勝負に出る人が出てきてしまう。

また、株は平日の昼間しか取引ができないが、FXの為替市場は24時間動いているのでいつでも売買できる。これもサラリーマンにとって、人気の理由となっている。

 

収入は「為替利益」「金利利益」がある

FXの収入は2種類ある。

・為替利益

株と同じように、安く買って高く売ることで得る利益のこと。例えば、1ドル100円で1万ドル買い、1ドル102円で売れば2万円の利益となる。

・金利利益

各国の通貨には、定められている金利がある。日本は0金利政策なので金利は無いが、他の国では物の価格が上がるのに合わせて金利が設定されている。

外国の通貨を買うことにより、その国の金利を受け取れるようになる。金利利益は毎日発生し、特にオーストラリアドルやニュージーランドドルは高金利となっている。

 

FXをやっても良い時

FXをやっても良い時まず、FXが危険な理由は「ゼロサムゲーム」だからだ。

株式市場は経済の成長により、市場が拡大し参加者全員が利益を得ることもある。しかし、為替市場は市場自体が成長することは無く、誰かが得たリターンを得れば、誰かが損失をしているゼロサムゲームとなっている。

FXには、様々なプロのトレーダーが参入している。あなたが一攫千金を出来る可能性は極めて少ない。

しかし、中期的にはFXは上昇トレンド・下降トレンドがはっきりしている。

FXをやっても良い時期は「明白な円高水準」の時だ。首相が安部さんになる前は、日本経済は明白な円高水準だった。こういった時を見極めて外貨を買っておけば、現在のインフレからあなたの資産を守ることができたのである。

 

まとめ

FXは使い方を間違えると本当に恐い投資法だが、きちんと理解してやればとても良い投資方法だ。

FX投資をしている人は気付いているが、アベノミクスによってあなたのお金は確実に減っている。「円」という単位では変わらないが、円安になったことで「お金」という単位では、確実に価値が減っているのだ。

例えば、あなたの貯金が1000万円だとしよう。今日は円安が大きく進み、2%の円安になったとする。あなたの「円」は1000万円で変わらないが、「お金」という単位だと2%減ってしまっている。

こういった事に気づくためにも、投資やお金の知識は必要だ。投資やお金の知識が無ければ、お金を貯めることはできない。

今回はFXの危険性を解説したが、明白な円高水準の時以外でもFXで利益を得る方法はある。節約部では、今後FXも含めてほぼ確実にお金が殖える方法を随時紹介していく。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ