無駄な買い物は考え方を変えれば減らせる

無駄な買い物は考え方を変えれば減らせる買った時は「これはいい!」と思って買ったのに、家に帰って冷静になると無駄な買い物だった。あなたもそんな思いをしたことがあるはずだ。

無駄な買い物をゼロにすることはできないが、80%減らすことは誰にでも可能だ。

今回は、無駄な買い物を減らすための3つの方法を紹介する。




 

お店はあなたに即決させようとしている

お店はあなたに即決させようとしている無駄な買い物をしてしまうための理由は1つだけだ。それは冷静さを失って「即決」してしまったためだ。

お店に行くと、店員さんは親切なアドバイスをしてくれる。それは、一度話し込んだ後に買わずに店を離れるのは、心理的に難しくなることを知っているからだ。

ネットショッピングでも、即決をさせようとあらゆる工夫を凝らしている。楽天スーパーセールは時間限定であったり、カウントダウンを採用していたりとその場で即決を促している。

つまり、あなたが無駄な買い物を減らすためには、「決断に時間をかけること」が重要になる。

 


買い物リストを作って買い物する

買い物リストを作って買い物する買い物に行く際には、買い物リストを事前に作成してから買おう。これは、スーパーであっても服を買いに行くときも同じだ。

買い物リストを作成する理由は「滞在時間を短くする」ためだ。滞在時間が長くなるほど、無駄遣いをしてしまう可能性が高い。

買い物リストを作成していない場合、必要な物ではなく安売りしている物に目がいってしまう。しかし、結局は無駄な買い物なので、お金を多く使ってしまう。

 

一度店を出る

一度店を出る無駄な買い物をしないために、劇的な効果がある方法は「一度店を出る」ことだ。

店員さんにどれだけ説明を受けようが、一度は店を出てみよう。そして「本当にそれが自分にとって必要かどうか。」を考えてほしい。

即決を迫られると、人は冷静な判断力を失ってしまう。一度店を出て頭をリセットすることで、圧倒的に無駄な買い物を減らすことができる。

 

ネットショッピングでは一度ブラウザを閉じる

ネットショッピングでは一度ブラウザを閉じるネットショッピングの場合も、お店で買う場合も同じだ。買い物カゴに入れた後に一度ブラウザを閉じることで、一度頭をリセットできる。

アマゾンのタイムセールで残りの数が表示されるのも、お客様の購入を煽るためだ。しかし、そのような煽りに乗っかってしまうようだと、無駄な買い物が増えてしまう。

一度ブラウザを閉じても買いたい気持ちが変わらないようであれば、購入手続きをしよう。

 

自分の所有物を確認しよう

自分の所有物を確認しようあなたが無駄な買い物をしてしまう理由は、自分の所有物を確認できていない場合が多い。

同じような服を買ってしまったり、洗剤の予備を買いすぎてしまう場合もある。共通しているのは、自分の所有物を確認できていないためだ。

無駄な買い物を減らすことができれば、自然とお金が貯まるようになる。必ず実践してほしい。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ