携帯代は圧倒的に節約できる

携帯代は圧倒的に節約できる「節約をして家計を楽にしたい」と思っている人にとって、携帯代の節約は欠かせない。

毎月8,000円ほどの携帯代を支払っている方は多い。大手3キャリアであるDoCoMo・Softbank・auでスマホを持っていると、大体8,000円前後になる。

しかし、毎月8,000円の携帯代は高すぎる。年間だと96,000円にも上るため、この費用を圧縮できると家計がかなり楽になる。

今回は、新たに8月からサービスを開始した「ワイモバイル」(Y!Mobile)を紹介する。ワイモバイルを活用すれば、携帯代を半額にすることも可能だ。詳しく解説していく。




 

ワイモバイルの概要

ワイモバイルの概要ワイモバイル(Y!Mobile)とは、イー・アクセスとウィルコムが合併し、Yahoo!と提携したことで新しく誕生したサービスだ。

元々がウィルコムなので、ウィルコムショップは全てワイモバイルショップに切り替わった。料金が格安なだけでなく、ショップも多くあるので契約後のフォロー対応も問題ない。

電話・ネット回線は全てソフトバンクの物を利用しているので、電話の音声やネット回線の繋がり方はソフトバンクと全く同じだ。最近では、ソフトバンクも繋がりやすくなっているので、特に不便は感じられない。

 


ワイモバイルの料金プラン

ワイモバイルの料金プラン大手3キャリアで契約した場合、基本料金780円・電話のかけホーダイ2,700円・インターネット利用料5,980円といった分かりにくい料金体系となっている。しかし、ワイモバイルの料金プランは、「スマホプランS」「スマホプランM」「スマホプランL」のたった3つだ。

全てのプランに共通して、10分間の無料通話が300回利用できる。1,000円の追加料金を払う事で、通話料を定額にすることもできる。超過分は20円/30秒となっており、他キャリアの通常電話料金と同様だ。

料金プランは、データ通信料の容量に差がついている。
 
 
 
・スマホプランS(1GB) 2,980円

データ通信料は1GBまでだが、月額2,980円は激安だ。スマホプランSでも10分間の無料通話が300回含まれているので、かなり電話を使う方でなければ通話料も掛からない。

普段あまりネットを使わない方や、家ではパソコンのWi-fiを利用している方にとっては、1GBでも問題ないだろう。
 
 
 
・スマホプランM(3GB) 3,980円

スマホでしかインターネットをしない方にとっては3GBでは足りないが、パソコンやタブレットを併用している方にとっては十分な容量だ。

月額3,980円で利用できるので、スマホの料金を半額にできる。
 
 
 
・スマホプランL(7GB) 5,980円

パソコン・タブレットは使わず、インターネットはスマホで利用する方にとっては、スマホプランLがオススメだ。スマホプランLを利用したとしても、3キャリアよりは料金が安く設定されている。

 

ワイモバイルのMNP

ワイモバイルのMNPワイモバイルもMNP(ナンバーポータビリティ)制度があるので、電話番号はそのままでスマホの契約ができる。

また、他キャリア同様に、MNPを利用すると割引サービスがある。しかし、Softbankと提携をしているワイモバイルのため、SoftbankからのMNPはサービスを受けられない。

スマホプランS・M・Lの料金は、あくまでもMNPを利用した場合の料金だ。ソフトバンクからワイモバイルに切り替える場合は、月額+1,000円の料金が掛かる。

また、ドコモやauからMNPをした場合、一括0円で買える端末が多くある。一括0円で端末を購入すれば、月額料金はスマホプランの料金のみだ。

最も人気のある機種はNexus5だ。Nexus5はGoogleから販売されているスマホで、完成度が高く人気のある機種だ。

また、他のキャリアに比べて大きな利点が、SIMを差し替えるだけで自由に端末が選べることだ。Nexus5に入っているSIMカードを別のSIM対応スマホに入れ替えれば、そのスマホを利用できるようになる。自分の好きなタイミングで、キャリアに縛られることなくスマホを機種変更できるのだ。

 

自分に合ったキャリアを選ぼう

自分に合ったキャリアを選ぼうスマホの契約は、その人の使い方によって選ぶキャリアが変わってくる。

家にパソコンがあって、Wi-fiやWimaxでインターネットができるのであれば、スマホのネット回線を使うのは家の外だけになる。その場合は、ワイモバイルのスマホプランS(2,980円)・スマホプランM(3,980円)で十分だろう。

ワイモバイルは、公式サイトから契約することが可能だ。MNPの一括無料も通常店舗同様に行っているため、お店に行く手間を考えると公式サイトから契約することをオススメする。

ワイモバイルの公式サイトはコチラ

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ