他行への振込手数料も無料に

他行への振込手数料も無料にあなたが普段から他行への振り込みをしているのであれば、必ず振込み手数料が無料の銀行を選ぶべきだ。

もしあなたが「振込手数料は必ず掛かるもの」と思っているのであれば、大間違いだ。同じ銀行同士での振込が無料の場合はよくあるが、他行への振込手数料が無料の銀行も多く存在する。

例えば、現在あなたが月に3回振込をしているとする。1回につき315円の振込手数料を払っているとすると、月に945円となる。年間だと11340円の出費になるので、家計の負担になってしまう。

今回は、他行への振込手数料が無料になる人気5銀行を紹介する。

 

他行への振込手数料が無料の人気5銀行

他行への振込手数料が無料の人気5銀行他行への振込手数料が無料の銀行の中でも、人気の5銀行を紹介する。
 
 
 
・住信SBIネット銀行

2014年現在で、最強のネット銀行が「住信SBIネット銀行」だ

無条件で月3回まで他行への振込手数料が無料になる。家賃の振込や子供への仕送りなど、月3回まで無料になれば毎月の出費を抑えられる。

月3回を超えた場合でも、1回150円と他の銀行に比べると格安だ。

↓住信SBIネット銀行については、下記の記事で詳しく紹介している。
住信SBIネット銀行|顧客満足度No.1を4年維持する5つのポイント
 
 
 
・新生銀行

新生銀行は無条件で月1回まで、他行への振込み手数料が無料だ。

月1回だと少ないが、預けている金額によって最大月10回までが無料になる。無条件で無料になる銀行は少ないので、要チェックだ。
 
 
 
・野村信託銀行

「とにかく振込回数が多い!」という方は、野村信託銀行がオススメだ。月に30回まで他行への振込手数料が無料となる。

自営業の方やオークションで頻繁に振り込まれる方は、必ず作っておきたい口座だ。
 
 
 
・大和ネクスト銀行

大和ネクスト銀行は、住信SBIネット銀行同様に無条件で月3回まで他行への振込手数料が無料だ。

口座開設の際には、大和証券と両方行う方がオススメだ。大和証券と合わせて口座開設を行うことで、ATMを利用できるからだ。

大和ネクスト銀行だけの口座開設だとキャッシュカードが無いので、ATMを利用することができない。
 
 
 
・楽天銀行

給与や年金の受け取りの口座にしておくと月3回まで他行への振込手数料が無料となる。

使わなかった振込の回数は2回まで繰り越して、最大5回まで保有することができる。

 


引き出しの事も考えて銀行口座を作ろう

引き出しの事も考えて銀行口座を作ろう他行への振込をする場合は上記5つの銀行がオススメだが、引き出しの事も考えて銀行口座を作ろう。

例えば住信SBIネット銀行は、セブン銀行だと無制限、他のコンビニやゆうちょ銀行でも月に5回まで引き出しが可能だ。新生銀行もセブン銀行で無制限に可能なので、コンビニで引き出しが可能な銀行をオススメする。

銀行を使いこなして振込手数料を無料にすれば、年間での節約額は相当な金額だ。必ず活用してほしい。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ