20代の方が知っておくべきお金の貯め方・増やし方・使い方

20代の方が知っておくべきお金の貯め方・増やし方・使い方20代で就職をしているにも関わらず、お金の知識が全く無い人はとても多いです。

学校や会社でお金の知識を教えてくれる訳ではないので当たり前ですが、自分で学ばないとこれから先もずっと分からないままです。

これから結婚・子育て・教育費・老後と、今の20代はこれまでの世代よりも金銭的に厳しい状況が想定されます。今回は、20代の方に向けてお金の貯め方・増やし方・使い方を紹介します。


 

お金を上手に貯めるために知っておくべき5つのこと

お金を上手に貯めるために知っておくべき5つのこと・「1円でも安く買う」という考えを捨てる

特に女性に多いのですが、「もやしが10円高い」など1円でも安く買おうとする人は多いです。確かに、少しでも高いと損をした気分になりますね。

しかし、「1円でも安く買う」という発想は捨てましょう。それよりも「コスパ」を考えることが重要です。

例えば、980円のTシャツを買って10回着るよりも、1980円のTシャツを30回着た方がコスパが高いことになります。価格で決めるのではなく、その金額に見合った価値があるか見定める方が大切です。

また、お金を支払うことで時間を短縮できるなど、価値のある物にはお金を掛けましょう。ロボット掃除機があれば毎日15分の掃除が短縮されたり、ドラム式洗濯機があれば20分の干す手間が無くなります。余った時間をお金を貯めるために生活すれば、さらにお金が貯まりやすくなります。
 
 
・食費は削り方に注意

節約をする中で誰もが実践する「食費の削減」ですが、食べる量を少なくしたり栄養が足りない食事にすることは絶対に避けましょう。

例えば、週3日スーパーに行っていた人が週1日にまとめ買いすることで、食費は節約できます。その日の特価商品を買う機会は少なくなりますが、買い物の回数を減らすと無駄な物を買わなくなるためです。こういった食費の節約方法はオススメです。

↓食費の節約術は下記の記事をチェック!
食費を抑える方法|食費節約に欠かせない4つの知識
 
 
・車は持たなくても良い

家の中の固定費で最もお金が掛かるのが「車の費用」です。年間38万円程度の維持費が掛かっている方も多いですが、1回当たりどれくらいの費用が掛かっているか計算したことはあるでしょうか?

通勤で車を使用しない場合、車を持つ必要はありません。あれば便利ですが、コスパが悪すぎます。家の近くに「カーシェア」サービスがあれば、気軽に車を使うことも可能になります。カーシェアに切り替えることで、驚くほどお金が貯まるようになります。

↓「カーシェア」の詳細は下記の記事をチェック!
カーシェアリングの大手3社を比較|どうやって選ぶべき?
 
 
・通信費は徹底的に節約すべき

通信費は毎月掛かりますが、最も削減する余地のある出費です。

パソコンやスマホの通信費に2~3万円も払っていては、お金は貯まりません。20代は特に通信費を掛けすぎているように感じます。

格安SIMカードを活用するだけで、費用は格段に抑えられます。格安SIMでもテザリングは可能なので、外でパソコンをしたい場合でもテザリングで対応することが可能です。

食費を削るよりも、通信費を削減する方が100倍簡単です。ぜひ実践してみてください。

↓「通信費の削減」は下記の記事をチェック!
Xperia Z3の白ロムを購入!格安SIMで携帯代を月3,691円で運用する
 
 
・モニターや無料サンプルを活用する

最近は店舗への覆面調査やモニターを募集する際に、インターネットを使っての募集がほとんどです。

覆面調査やモニターは謝礼が高いだけでなく、美味しい食事が食べられたり無料でエステが受けられたりします。これを使わない手はありません。

↓「覆面調査」は下記の記事をチェック!
ミステリーショッパーは最大手「ショッパーズアイ」がオススメ!評判・報酬額が高い!

↓「モニター募集」は下記の記事をチェック!
美容モニター「ジャパンモニター」は無料でエステ・脱毛が受けられる!

また、無料サンプルは様々なキャンペーンが実施されています。無料サンプルにも関わらず豪華なプレゼントも多いです。

↓私が普段チェックしている無料サンプル情報サイトです。
無料サンプルナビ

 


お金の貯め方・増やし方・使い方で大事なこと

お金の貯め方・増やし方・使い方で大事なことお金を貯めるために大事なことは、「無理をしないこと」です。

普段から残業続きで時間が無いにも関わらず、食費の節約をするために自炊をしようと思っても長続きしません。それよりも、休みの日に通信費を見直した方がよっぽど節約の効果があります。

途中でリタイヤしないためには、簡単にも関わらず効果の高い方法から実践してみましょう。毎月1つずつ目標を決めて実践すれば、1年後にはお金が貯まるようになっています。ぜひ実践してみてください。