20代でやるべきこと3選

20代でやるべきこと3選私は今年で29歳だ。20代最後の1年を過ごしている。

20代は様々なことがあったが、このブログを通じてお金に関する情報には敏感になった。お金に関する情報を伝えるだけでなく、自分の知識を増やすためにも非常に役立っている。

お金に関する知識は、学校ではほとんど学べない。専門学校もないので、本やインターネットから自分で情報を収集する必要がある。

そんな中で、私が感じた20代でお金に関するやるべきことを3つ紹介したいと思う。

スポンサーリンク

 

自分で運用してみる

自分で運用してみる20代のうちに、必ず「自分で運用」をしてほしい。

余裕資金は10万円だけでもいい。外貨・投資信託・株式など、元本保証ではない金融商品を運用しよう。

自分で運用してみると分かるが、普段のニュースが全く違って聞こえてくる。世界のニュースは金融商品にどのように影響を与え、今後の見通しが少しずつ分かってくる。

実際に貯金が増えてきた時に、運用の知識があると無いとでは大きな違いがある。最初は損をすることがあるかもしれないが、将来には自分の大きな資産になる。

 

税金の知識を身につける

 
税金の知識を身につけるお金に関する知識を身につける上で、もっとも大事なのが「税金」の知識だ。

「サラリーマンだから、会社で年末調整をやってくれるので関係ない。」と思うかもしれない。しかし、サラリーマンでも税金の知識を持っていると、お金の貯まり方が全く変わってくる。

例えば、ふるさと納税を活用している方はどれくらいいるだろうか?ニュースなどでお得とは分かっていても、実際に利用する人は意外に少ない。

また、医療費控除は多くの方が受けられる制度だ。年間10万円以上の医療費が掛かった場合に申請ができるが、病院の費用だけが対象ではない。

ドラッグストアの風邪薬・目薬・湿布といった物も対象なので、ここまで範囲が広いと年間10万円を超える方が多くいる。しかし、この知識を知らなければ、多くの税金を払ってしまう。

↓税金に関する記事はコチラをチェック
サラリーマンの節税対策5選|確定申告は必ず行うべき

 

勉強する

勉強する20代のまだ子供がいないときに、どれだけ勉強するかは今後の人生を左右する。

例えば、20代のうちに英語をある程度話すことができれば、今後の人生で様々な場面で役に立つ。以前は英語の勉強をするために高額な費用が掛かったが、格安や無料のネットサービスが増えてきたことで、だれでも効率的に英語の勉強ができるようになった。

↓英語を無料で勉強したい人は下記の記事をチェック
podcastを使って無料で英語を学ぶ|有料並みの質が高い番組5選

お金の勉強も、20代のうちにやっておくと、今後の人生でお金が貯まるスピードが全く違ってくる。お金に関する様々な本を読むことで、あなたのお金に対する考え方が確立されてくる。

 

20代で夢を捨てるには早すぎる

20代で夢を捨てるには早すぎる20代の方は、仕事を頑張っている方も多いだろう。しかし、本当に好きな仕事に巡り合えた方は、一握りだと思う。

それでも、「自分はこんなものか」と思わないでほしい。20代で夢を捨てるには早すぎる。

他の仕事をして、お金を稼ぎながら夢をかなえるために努力し続ける。仕事をしながらでも、勉強をする・副業をするといった経験を積むことで、夢を叶えることができる。

仕事をしていくことで、本当に自分がやりたいことも見えてくるはずだ。やりたいと思ったことは全てやるつもりで、20代を過ごしてほしい。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ