貯金がない30代が増えている

貯金がない30代が増えている最近の20代・30代は給料が下がっている影響から、貯金がない人が増えています。

20代の30.6%は貯金が無く、若いとはいえ将来が不安な状況です。さらに、貯金がない30代が増えており、金融資産を持っていない30代は26.7%にも上ります。

つまり、4人に1人以上が貯蓄0円ということです。30代は結婚・出産・マイホームの購入など出費がかさむ時期ですが、これでは乗り越えられるはずがありません。

今回は、貯金がない30代がどうすればよいか、詳しく解説していきます。

 

30代の貯金目標額は年収と同額

30代の貯金目標額は年収と同額「どれぐらい貯金をすればいいですか?」と聞かれた時には、「30代で貯金の目標額は年収と同額」と答えています。

つまり、あなたの年収が500万円であれば、500万円の貯金が必要となります。しかし、実際に30歳の平均貯蓄額は328万円となります。

年収と同額の貯蓄があれば、病気・結婚・マイホームの頭金など対応することができるようになります。しかし、貯金がない30代の人が500万円貯めるのは大変です。

例えば、あなたが500万円の貯金を8年間で貯めたいと思った場合、年間63万円を貯金に回す必要があります。月約5万円の貯金を8年間に渡って行う必要がありますが、どのようにすればいいのでしょうか?

 


30代で500万円を貯めるための節約・貯蓄術3選

30代で500万円を貯めるための節約・貯蓄術3選30代で500万円を貯めるために、有効な節約・貯蓄術を3つ紹介します。
 
 
 
・通信費を安くする

今はスマホを持つことが当たり前になり、インターネットの通信費が高くなっています。

例えば、家の光回線(月額5,000円)+スマホ代(月額8,000円)=月額13,000円という方は多いです。しかし、インターネット料金に月額13,000円も払っていては、貯金が貯まるはずがありません。

月額13,000円なので年15万6千円を払っていますが、半額にすることも可能です。これだけで、年間7万円程度は節約できることになります。

↓通信費の節約は下記の記事をチェック!
インターネット料金を安くする方法|通信費の節約は格安SIMを活用しよう
 
 
 
・クレジットカードを利用する

あなたが現金派であれば、クレジットカードの利用をオススメします。

クレジットカードは、コンビニ・ファミレスなど今ではどこでも使えます。また、年会費無料のクレジットカードでも還元率1.25%など高還元なカードもあるので、ポイントを貯めることで節約に繋がります。

例えば、あなたがクレジットカード利用で年間100万円を決済したとします。還元率1.25%であれば、これまでと同じように買い物をしていても1万2500円が貯まります。

↓クレジットカードの選び方は下記の記事をチェック!
年会費無料で最強のクレジットカードはこれだ!4つのカードをランキングで紹介
 
 
 
・副収入を得る

貯金を貯めにあたって最も簡単な方法は、副収入を得ることです。「自分にはスキルがないし。」と思っている方は、ミステリーショッパーから始めてみてはいかがでしょうか?

ミステリーショッパー(いわゆる覆面調査モニター)とは、レストランで食事をしたり、ネット通販でお買い物をしてアンケートを送ります。アンケートを送ると謝礼がもらえます。

自分の空いている時間に出来て、サービスが受けられるのも嬉しいです。

↓ミステリーショッパーの詳細は下記の記事をチェック!
ミステリーショッパーのお勧めサイト3選を比較|副収入・節約に効果大!

 

月5万円の貯金は絶対にできる

月5万円の貯金は絶対にできるあなたが節約術や副収入を得ることを実践できれば、あまり時間が取れない方でも月5万円を貯金することは絶対に可能です。

今回は3つの方法を紹介しましたが、これまでの生活と変わらず固定費を見直すだけでも、かなりの節約に繋がります。1つずつ実践してみてください。

貯金がない30代は、結婚や出産が遅くなると子供の独立後に貯金を貯める期間が短くなってしまいます。ツケは後に来てしまうことも、把握しておきましょう。