年収500万円の生活とは?

年収500万円の生活とは?年収500万円と聞くと、どのようなイメージを持つだろうか?

男性の全体年収平均は300万円~400万円のため、少し良い暮らしをイメージする人も多いだろう。逆に年収500万円では家庭に余裕がないと思うかもしれない。

今回は、年収500万円の人を例に効果のある節約術を紹介する。

スポンサーリンク

 

年収500万円のモデルケース「既婚者・子供2人」

年収500万円のモデルケース「既婚者・子供2人」年収500万円のサラリーマンで、中学生・小学生の子供がいる家庭をモデルケースとする。

4人家族で年収500万円だと、ハッキリ言って生活が厳しい。奥さんがパートタイマーで家計を助ける必要があるだろう。モデルケースとして、下記が支出の内訳だ。

月収(手取り) : 290,000円

・児童手当 : 15,000円
・住宅費 : 105,000円
(※ローン返済額9万円、管理費1万5000円)
・光熱費 : 20,000円
・通信費 : 15,000円
・食費 : 50,000円
・日用品 : 10,000円
・生命保険 : 15,000円
・雑費 : 15,000円
・教育費 : 10,000円
・夫の小遣い : 35,000円
・貯金 : 30,000円

内訳を見ても分かるように、全く贅沢はしていない。毎日の食事は必ず手作りで、会社にはお弁当を持参している。

一泊二日程度の旅行には行けるが、海外旅行は難しいだろう。受験を控えて学習塾などに行くようになると、貯金は全く出来なくなってしまう。

食事も外食は極力控え、外食する場合は100円回転ずしや安いファミリーレストランになる。お金の掛かる趣味もできない。

このモデルケースから、年収500万円の方が取り組める節約術を紹介していく。

 

光熱費の節約

光熱費の節約どの家庭にも重くのしかかるのが「光熱費」だ。モデルケースでは光熱費を20,000円に設定しているが、20,000円は払い過ぎている。

「こまめに電気を消す」「水道を使いすぎない」といった節約術は、多くの家庭で行っているだろう。しかし、もっと根本的な解決方法を実践している家庭は少ない。

電力会社との契約内容は、ほとんどの方が「従量電灯」というどの時間に使っても電気代が一律のプランだ。しかし、契約方法は様々な種類がある。

また、節水シャワーヘッドを活用するなど、一度取り付ければ継続的に節約になる商品も多くある。まずは、最初の手間だけで大きく節約できる方法から取り入れていこう。

↓光熱費の節約は下記の記事をチェック
光熱費を圧倒的に節約するために行う7つの方法

 

節税を考える

節税を考えるサラリーマンの方は、「確定申告は会社でやってるから節税は関係ない。」と思っている。しかし、ほとんどのサラリーマンは節税をすることが可能だ。

ほとんどの方が対象になるにも関わらず、「面倒くさい」という理由で確定申告をしない方が多い。申請するだけで家計が楽になるので、必ず行ってほしい。

↓サラリーマンの節税方法は下記の記事をチェック
サラリーマンの節税対策5選|確定申告は必ず行うべき

 

新聞は無料で読む

新聞は無料で読む未だに新聞にお金を払っている方は、無駄遣いだと認識してほしい。

現在、様々なアプリやサービスによって、ニュースは全て無料で手に入る時代だ。通勤途中に新聞を見ている人は、ほとんど見かけなくなった。

新聞に毎月4,000円支払っている方は、年間48,000円だ。10年で48万円という大金を払っている。

↓日経新聞を無料で読む方法は下記の記事をチェック
日経テレコン21で年間52,596円の日経新聞が無料に!

 

節約で老後の不安を無くす

節約で老後の不安を無くす今の生活レベルを落とさなくても、節約をしてお金を貯めることは十分に可能だ。

食費の節約をしたり、家賃の安い家に住むといった節約術ももちろん効果がある。しかし、まずは今の生活レベルを落とさず、ストレス無くできる節約術から取り入れてほしい。

下記のまとめ記事でも、あなたが取り入れられる節約術を紹介している。参考になればと思う。

↓節約術のまとめ記事
節約・貯金をする!絶対に実践すべき6つの方法まとめ

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ