Apple(アップル)のアウトレット「整備済製品」

“Apple(アップル)のアウトレット「整備済製品」”

MacBook・iPadなどのアップル製品は、家電量販店でもほとんど割引がありません。

しかし、今回紹介するアップルのアウトレット「整備済製品」であれば、15%OFF前後で購入することが出来ます。

整備済製品とは、「Apple Online Store」のみ販売されています。初期不良で返品された商品や、展示品を取り扱っています。

「それなら安いのは当然」と思うかもしれません。しかし、アップルでは新品の商品とほぼ変わらないようにするため、様々な対応・テストを行っています。

今回は、アップルのアウトレット「整備済製品」を詳しく解説していきます。




 

整備済製品の対応・テスト

整備済製品では、通常よりも厳しいテストを行った上で販売されます。

まず、外装は全て新品に取り替えられます。「展示品は嫌」という方は多いですが、外装が新品であれば問題ないですね。

また、稼働テストも入念に行われています。下記のようなプロセスを経て、出荷されているのです。

・連続稼働テスト
・部品交換を含む整備
・徹底したクリーニング
・再梱包
・オペレーティングソフトウェアのインストール
・新しいシリアル番号の付与

整備済製品は、新品同様にAppleの1年保証が付いています。また、追加料金を払えば、Macの場合は最長3年の保証が受けられます。

 


整備済製品のメリット3選

“整備済製品のメリット3選”

整備済製品のメリットを詳しく解説していきます。
 
 
 
・とにかく安い

アップル製品を買いたいのであれば、整備済製品を買うのが圧倒的に安いです。

例えば、MacBook Airの13インチは、公式サイトで98,800円(税抜)となっています。対して、整備済製品でMacBook Airの13インチは、2015年発売の物になると70,300円(税抜)で販売されているのです。

2015年から大きな変化は無いにも関わらず、約29%OFFになるのです。このように、型落ち品は割引率が高いケースが多いです。

最新機種でも、平均して15%OFF前後で販売されています。
 
 
 
・カスタマイズ製品が買える

店舗でアップル製品を購入する場合、カスタマイズ品を購入することが出来ません。基本的に、ネット販売でのみカスタマイズに対応しています。

しかし、整備済製品ではカスタマイズ品が販売されています。メモリを増設していたり、USキーボードを採用している整備済製品をよく見かけます。
 
 
 
・新品同様の保証が受けられる

通常、アウトレット製品は保証が受けられないケースが多いです。しかし、アップルの整備済製品は新品同様の保証が受けられます。

1年間の製品保証が付いており、AppleCareにも加入できるのは大きなメリットです。

 

整備済製品のデメリット4選

次に、整備済製品のデメリットを紹介していきます。
 
 
 
・商品が少ない

当たり前ですが、商品の入荷は不定期で売り切れになっている場合も多いです。欲しい商品があれば、在庫を定期的にチェックしましょう。
 
 
 
・カスタマイズ出来ない

初期不良品などを取り扱っている整備済製品は、元々買った方のカスタマイズになっています。

既にカスタマイズされているというメリットでもありますが、自分でカスタマイズを決められないというデメリットがあります。
 
 
 
・化粧箱が違う

整備済製品は、「Certified Reconditioned Product」と表記が入った茶系の専用箱で配送されます。

Appleのマークが入った化粧箱はテンションが上がりますが、箱は少し残念です。
 
 
 
・付属品が異なるケースがある

付属品が通常の新品とは異なるケースがあります。整備済製品を購入する前に、付属品は必ずチェックしましょう。

 

MacBook・iPad・iPodなどが購入できる

整備済製品は、MacBook・iPad・iPodなどが購入出来ます。また、アクセサリなども対象です。

注意点として、iPhoneの取り扱いはありません。もし販売を開始したら、すぐに売り切れになってしまうと思います。

私もApple製品を買うときは整備済製品を購入しています。ぜひ、検討してみてください。

「アップルの整備済製品」公式ページはコチラから