寒い冬は体を冷やさないことが大事

寒い冬は体を冷やさないことが大事これから寒い冬に入りますが、私は「体を温めること」を意識して生活しています。

以前に『「体を温める」と病気は必ず治る』という本を読んだことがきっかけで、体を温めることを意識しました。特に体が冷えやすい寝る時に、絶対に体を冷やさないようにしています。

私も仕事をしているので、分かってはいますがどうしても運動不足になってしまいます。運動不足なので、下半身の筋肉も落ちているのが分かります。人一倍残業もしているので、ストレスもありますしゆっくりお風呂に入る時間もありません。

そこで、寝る時は体を冷やさないように気をつけているのですが、そこで活用しているのが「電気敷き毛布」です。これさえあれば、高い布団・毛布なども必要ありません。そして、電気代も経済的で暖房を入れた時のように空気が乾燥することも無いです。個人的には最強の節約グッズだと思っています。

今回は、寝る時に体を温める方法を紹介します。

スポンサーリンク

 

なぜ体を温めることが大事なのか?

なぜ体を温めることが大事なのか?体を温めることが大事な理由は、「体を温めると血液の流れが良くなるから」です。

血液の流れが良くなることによって、内臓や筋肉への酸素供給や栄養補給が増し、腎臓や肺からの老廃物の排泄作用が促されます。その結果、血液が浄化され疲労を回復し、病気予防に繋がります。また、温熱効果や血流促進により白血球の免疫機能が促進され、あらゆる病気の予防や改善につながります。

ほとんどの病気で発熱するのは、この白血球の働きを高めて病気を治そうとする自然治癒力の表れです。つまり、日頃から体を温める工夫をしておくことで、病気を防ぎ、治すことができるのです。

逆に、体が冷えると体の全細胞・臓器の代謝が悪くなります。冷え性、こりや痛み、生理痛・生理不順、食欲不振、腹痛、風邪、頭痛など、体を温めることで改善できる症状は多いのです。

詳しく知りたい方は、ぜひ『「体を温める」と病気は必ず治る』を読んでみてください。

 

電気敷き毛布をオススメする理由

電気敷き毛布をオススメする理由私は、なかじきの「電気敷き毛布」を使っています。

この商品がオススメな理由は、まず価格が安いことです。3,000円台・送料込みでシングルサイズの電気敷き毛布を購入することができます。

日本製で簡単に洗えるので、とても衛生的です。そのまま洗濯機に入れて洗うことができます。

また、電気代も格安です。「中」で使ったとして1時間あたり0.4円。1ヶ月間毎日1日5時間使用した場合、0.4(円)×5(時間)×30(日)=60(円)となります。たったの1ヶ月60円というのは驚きです。

すぐに暖まり、部屋全体をムダに暖めることもありません。空気が乾燥することも無いですし、火を使わないので火災の危険が少ないです。アマゾンの口コミも圧倒的な高評価を得ています。

 

唯一の欠点はタイマーが無いこと

唯一の欠点はタイマーが無いこと電気敷き毛布といえど、付けっぱなしにするのは怖いですね。この電気敷き毛布の唯一のデメリットが、タイマーが無いことです。

そこで、私は「簡単デジタルタイマー」を使っています。タイマー式で私は7時間後に自動で電源が切れるように設定しています。これで消し忘れの心配がありません。

電気敷き毛布があれば、寝ている時に体が冷えることはありません。温かい毛布や布団は買うと高いですが、さらに温かい電気敷き毛布がこの値段で購入できるのは嬉しいですね。ぜひ、試してみてください。