家事を劇的に楽にしてくれる「食洗機」

家事を劇的に楽にしてくれる「食洗機」「毎日の家事を楽にしたい」と思ったら、費用対効果の高い家電が「食洗機」「全自動洗濯機」「ロボット掃除機」だ。

私は現在「ビルトイン食洗機」の購入を検討している。食洗機は主に2種類あり、外に出すタイプとキッチンに埋め込むタイプだ。

埋め込み式は費用が高いが、キッチンのスペースが必要ないのがメリットとなっている。パナソニックの食洗機が最も性能が良いため、メリット・デメリットを紹介していく。

 

食洗機のメリット・デメリット

食洗機のメリット・デメリットパナソニックのビルトイン食洗機は、最新の物で11万5千円程度(工事費込み)だ。食洗機のメリット・デメリットを挙げていく。
 
 
「メリット」

・食器洗いの時間を短縮
食洗機に入れておくだけで洗ってくれるので、食器を洗う時間は大きく削減できる。

・手洗いより衛生的
熱いお湯を使って洗うので除菌ができて、乾燥もするので手洗いよりも菌が残りにくい。

・水道代が安い
使う水の量は、通常の手洗いに比べて9分の1だ。電気代が掛かるが、それでも手洗いに比べて圧倒的に安い。

・手荒れしない
自分で洗わないので、手荒れの心配が無くなる。

・シンクの中がスッキリする
料理をしていると洗い物の山が出来るが、食洗機があれば料理をしながら食器を洗うことも可能だ。
 
 
「デメリット」

・大きなフライパンなどは入らない場合がある
大きなフライパンも洗いたい方は、深型(底が深い機種)をオススメする。

・食洗機用の洗剤が高い
通常の洗剤は200円程度だが、食洗機の洗剤は500円程度が目安だ。

・購入費用がかかる
10万円以上の買い物なので、家電の中でも高価格な商品だ。

 


パナソニックの食洗機はココが凄かった

パナソニックの食洗機はココが凄かった私がパナソニックの食洗機を検討している理由は、他の機種に比べて性能が良いためだ。最新機種だと、下記の性能がある。
 
 
・プラットアーム洗浄
洗浄水を勢いよく高密度で噴射し、汚れを落とす機能だ。高密度の真上に高く強い水流で、汚れを根こそぎ落としてくれる。

・バイオパワー除菌
汚れを分解するには、酵素が働きやすい約60度が効果的だ。60度まですばやく引き上げて、スピーディ噴射で隅々まできれいにする。この機能によって、強力な洗浄が可能となった。

・ムービングラック
食洗機のデメリットとして、お皿を並べるのが難しいという点がある。慣れるまでは大変なのだが、スーっと横にずらせるムービングラックを採用しているパナソニックだと、簡単に食器のセットができる。

・エコナビ
エコナビは、機械が汚れの多さや食器の量を感知して、適した量と強さで洗う機能だ。最適な水の量を使い、汚れが少ない場合はすすぎを1回に減らすことで光熱費の節約につながる。
 
 
食洗機はこれまで水ですすいでから食洗機に入れる必要があったが、現在の食洗機は汚れたまま入れても十分に綺麗にしてくれる。時間が足りないと悩んでいるのであれば、ぜひ導入をオススメする。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ