美容費は節約効果が高い

1

あなたは美容のために月いくら掛けていますか?

基礎化粧品・美容院代・エステ・ネイルなど、お金を掛けるといくらでも掛かってしまうのが美容費です。そして、一生掛かっていく費用なので、節約術を実践していけば長い目で見ると節約効果が高い支出です。

ただ節約すればいいだけの支出ではないので、難しいんですよね。今回は美容費の傾向と節約術について、紹介していきます。




美容費の月平均は?

2

まず、一般的に美容費にいくらぐらい掛かっているかを解説していします。アンケート結果では下記となっています。

3,000円未満 : 36.3%
3,000円以上5,000円未満 : 20.7%
5,000円以上10,000円未満 : 23.0%
10,000円以上20,000円未満 : 13.7%
20,000円以上 : 6.3%

月平均は平均だと1万円程度になります。あなたの美容費はそれ以上に掛かってしまっていないでしょうか?

美容費に何万円も掛けている人は、マッサージやエステに通っている人です。1回あたり5000円は掛かります。

節約生活を目指している方は、少なくとも月5000円以下を目指しましょう。

 


美容費の節約術①「基礎化粧品のライン使いをしない」

3

SK-2やestなど、基礎化粧品をライン使いしている方は、美容費が格段に高くなってしまいます。

デパートの化粧品売り場で化粧水・美容液・日焼け止め・ファンデーションなど同じブランドで揃えている方は、今すぐ見直しましょう。化粧品を変えるのは勇気がいりますが、ライン使いをやめても肌の状態は変わらないケースが多いです。

化粧品はテレビCMなどの販促費が高いため商品も高いのですが、最近ではアマゾンなどでプチプラ化粧品でも良いものが多く、全く問題ありません。

 

美容費の節約術②「1点だけ良いものを使う」

4

基礎化粧品のライン使いはやめて、1点だけ良いものを使うことをオススメします。

美容液は高いものを使ってメイク用品はプチプラのものに、マスカラ・チークだけは高いものにといった形で、自分にとって本当に必要なものにはお金をかけてもいいと思います。

節約をする上で最も重要なのは、「必要なものにだけお金を使う」ことです。

 

美容費の節約術③「自分でできることは自分でやる」

5

美容費を節約しながら美しさを保っている方は、自分でやる努力を惜しみません。

例えば、ジェルネイルキットを買って、自分でネイルをしている方も多いです。1回数千円のネイルが自分でできれば、かなりの費用が浮きます。

また、髪の毛を自分で切る、カラーリングは自分でやる方も多いです。継続的にお金がかかる美容費は、自分でやることをオススメします。

 

大事なのは化粧品ではない

6

当たり前のことですが、美容のために最も重要なのは「体の内側から美しくなる」ことです。

サプリメントに頼らずバランスの良い食事をすることで肌が綺麗になる、基礎代謝をアップして体のラインを綺麗にする、睡眠をしっかりと取るなど、できることはたくさんあります。

高い化粧品を使うよりも大きな効果があります。

 

無料サンプルは積極的に活用すべき

7

また、最近はネット販売も含めて、化粧品の競争は激化しています。

そこで各社が積極的に行なっているのが、無料サンプルのプレゼントです。数多くの化粧品から自社を選んでもらうために、まずは一度無料で使ってもらうのです。

また、無料サンプルといっても、使って効果を実感しなければ購入には繋がりません。そこで、1~2回分ではなく、ある程度の量が入っている無料サンプルも多いです。

無料サンプルのプレゼント情報を配信しているサイトは多くありますが、私は「無料サンプルナビ」というブログで情報を得ています。毎日情報が更新され、メルマガを登録しておけば情報を更新した場合にメールが送られてくるのも便利です。 先着プレゼントも多いので、気づいた時にはキャンペーンが終わっているという心配もありません。

ぜひ、活用してみてください。

「無料サンプルナビ」の公式サイトはコチラから