結婚費用の相場と節約術

結婚費用の相場と節約術あなたが結婚を考えているのであれば、まずは相場からどれぐらいのお金が必要かを考える必要がある。

結婚費用の相場は、婚約から新婚旅行まで全国平均444.2万円だ。会費制が習慣の北海道が平均を下げており、首都圏では454.0万円となっている。

また、ご祝儀は65人からご祝儀をいただいたとすると、1人3万円で195万円程度だ。つまり、新郎新婦で用意するお金は250万円程度が必要になる。

今回は、結婚費用の相場と節約法を考える。




 

結婚式の費用は平均343.8万円

結婚式の費用は平均343.8万円全国の結婚式費用は343.8万円で、招待ゲストの平均は73.7人となっている。

挙式料 : 25.3万円
料理・飲物 : 124.2万円
新婦の衣裳 : 45.4万円
新郎の衣裳 : 15.8万円
引出物・引菓子・プチギフト : 35.1万円
ブーケ : 4.8万円
装花 : 17.5万円
スタジオ別撮り撮影 : 14.5万円
スナップ写真撮影 : 22.0万円
ビデオ撮影 : 17.4万円
映像演出 : 7.0万円
司会(プロに依頼) : 6.4万円
ブライダルエステ : 8.8万円

結婚式の費用を抑えるためには、式場選びと時期選びが重要だ。

ゲストハウスだと408.5万円掛かってしまうが、レストランであれば281.1万円で結婚式を挙げることができる。その他は、ホテル・式場・会館内のレストラン292.9万円、ホテル359.8万円、一般の結婚式場352.8万円といった相場だ。

また、結婚式は春・秋に人気が集中する。また、大安・友引が人気なので、それを外すだけでも費用を節約することができる。

結婚式場の予約は、約1年前に行う場合が多い。しかし、半年~3ヶ月前に予約をすると、料金は安くなる場合が多い。

なぜ直近の予約をした方が良いかというと、この日程は一度埋まったが空いてしまった日程のためだ。例えば、1年前に予約していたが、子供が出来たので早く結婚式をやる必要があるといったケースが多く、意外と直近のスケジュールでも空き日程があるのだ。

結婚式場からすると、1日空きが出てしまうだけで大きな損失になる。この空き日程を埋めたいと思っているので、本来の料金よりも安くしてくれる場合が多いのだ。

 


結婚式以外の費用

結婚式以外の費用結婚に掛かる費用は、結婚式だけではない。その他にも下記のようなお金が掛かる。

結納・会場費 : 13.1万円
両家の顔合わせ・会場費 : 5.8万円
婚約指輪 : 31.7万円
結婚指輪(ふたり分) : 21.5万円
新婚旅行 : 54.8万円
新婚旅行土産 : 11.8万円

また、新しく家を借りたり買ったりするのであれば、敷金・礼金や家具などの費用も追加されてしまう。家の費用も含めた場合は、350万円程度が目安になる。

 

家があるのであれば250万円・家が無い場合は350万円

家があるのであれば250万円・家が無い場合は350万円結婚式やそれ以外の費用を全て足すと、既に家があるのであれば250万円・新居に住むのであれば350万円が目安になる。

結婚式の費用は、工夫次第でかなりの節約が可能だ。結婚式に来てくれるゲストに対してお金をケチる必要はないが、お金を掛けなくても手作り感のある結婚式は温かみがあってゲストに喜ばれる。

結婚式の節約法については、下記の記事でも詳しく紹介している。参考にしてほしい。

結婚式の節約術|低予算でも素敵な結婚式を挙げる14の知識