貯金がある人は必ずと言っていいほど財布が綺麗

貯金がある人は必ずと言っていいほど財布が綺麗貯金がある人の特徴として、必ずと言っていいほど「財布が綺麗」です。

貯金ができない人は、レシートが大量に入っていたり、ポイントカードばかり入っていてパンパンになる、いわゆる「ブタ財布」になっています。

財布が綺麗な人は、財布の中身や金額もしっかりと把握しています。財布の中を見てみて、「こんなカード入ってたんだ。」という方は、自分が把握できるカードだけを入れるようにしましょう。

今回は、ブタ財布を卒業して貯まる財布になるために必要な6つの知識を紹介します。

スポンサーリンク

 

貯まる財布になるために必要な6つのこと

貯まる財布になるために必要な6つのことブタ財布にならないために、必要な6つの知識を紹介します。
 
 
・無駄な物でパンパンにしない

「名刺をもらったけど、どこに入れておこう?」と思って、何となく財布に入れる人が多いです。お守りを入れている人も多く見かけます。

財布は定期的に中身を見直して、必要な物だけ入れておくようにしましょう。色々な物を入れてしまうと、すぐにブタ財布になってしまいます。
 
 
・レシートは貯めこまない

放っておくとすぐに貯まるのが「レシート」です。もしかすると返品するかもしれないと思い、レシートは捨てずに入れておく人が多いです。

しかし、レシートを貯め始めると、すぐにブタ財布になってしまいます。週に1回の整理する日を決めるなど、レシートが貯まらないように管理しましょう。
 
 
・クレジットカードの枚数を絞る

スーパー・ガソリンスタンド・ショッピングセンターなど、クレジットカードは様々な場所で発行されています。

クレジットカードを持つとポイントが貯まったり、割引が受けられたりとメリットが多いです。しかし、様々なカードを持ちすぎると、自分がいくら使っているのかが分からなくなってしまいます。

クレジットカードは最大でも3枚が限界です。自分にとってどのクレジットカードがお得なのか、しっかりと検討しましょう。

↓クレジットカードの選び方は下記の記事をチェック
年会費無料で最強のクレジットカードはこれだ!4つのカードをランキングで紹介
 
 
・お金を入れすぎない

お金が貯まる人の財布には、少ししか現金を入れていない方が多いです。たくさん入っていると、今の残高が把握できなかったり、多く金額は入っていると使いすぎてしまうためです。

必要な分だけ財布に入れて、予算管理をしっかりとしましょう。何も考えずに、無くなったらお金を引き出しに行くのはやめましょう。
 
 
・ポイントカードは持ちすぎない

クレジットカードよりも簡単に発行できるポイントカードは、つい作ってしまいがちです。

しかし、何となく作ったポイントカードはなかなかポイントが貯まりません。ポイントカードはしっかりと貯まる物だけを厳選し、入れるようにしましょう。
 
 
・長財布を使う

お金が貯められる人は、二つ折り財布よりも長財布を使っていることが多いです。長財布の方が開いた時に、すぐに何が入っているか把握できるためです。

中身を厳選するだけでなく、使いやすい財布を選びましょう。

 

ブタ財布をやめるとムダ遣いが減る

ブタ財布をやめるとムダ遣いが減るブタ財布を卒業できると、ムダ遣いは必ず減ります。

自分の予算をしっかりと把握し、必要な物だけ財布に入れておくことは重要です。財布に限らず、服や生活用品なども自分が把握できる物だけ所有することで、ムダな物を買わなくなります。

財布をキレイにするだけで、お金が貯まるのであればやった方がいいですよね。ぜひ実践してみてください。