必ず知っておくべき医療費控除

必ず知っておくべき医療費控除あなたの家族が出産したり、大きな病気にかかった場合、申告することで税金を節約できる。知らなかった方は必ず覚えておいてほしい。

医療費控除という制度で、1年間の医療費が10万円以上だった場合に申告できる。10万円を超える金額を課税所得額から控除してもらえるという制度だ。(分かりにくいので、後ほど例を出して解説する。)

「年間10万円以上なんて使わないから、レシートは捨ててしまおう」と思わないでほしい。いつあなたや家族が病気にかかるか分からないからだ。

 

医療費控除を申告した場合の例

医療費控除を申告した場合の例あなたの家族が大きな病気にかかり、年間の医療費が40万円だったとする。課税所得が300万円と仮定し、医療費控除を申告した場合、しなかった場合で計算する。

<医療費控除を申告した場合>
10万円を超える額が対象となるため、申告できる金額は30万円(40万円ー10万円)となる。

(300万円-30万円)×税率10%-97,500円=172,500円

<医療費を申告しなかった場合>

300万円×税率10%-97,500円=202,500円

つまり、医療費控除を申告したことで、年間で3万円の税金が節約できる。

 


レシートは必ず取っておく

年間10万円以上の医療費を払うことは少ないかもしれない。しかし、急な病気・怪我・出産はいつ起きるか分からない。

病院のレシートや領収書はしっかりと取っておく必要がある。また、病院へ通院するための交通費も対象になるので、電車やバスは利用した記録を付けておこう。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ