一人暮らしに「電子レンジ専用炊飯器」は必須アイテム

一人暮らしに「電子レンジ専用炊飯器」は必須アイテムあなたが一人暮らしをしているのであれば、炊飯器は無くても生活ができる。

一人暮らしで炊飯器を使うのは、かなり非効率だ。お米を炊いたら炊飯器を洗う必要があり、何回分かをラップで包んで冷凍保存する必要がある。

そこでオススメしたいのが、電子レンジ専用炊飯器「ちびくろちゃん」だ。電子レンジで美味しいお米を炊いてくれるアイテムで、毎回炊きたてのお米が食べられる。

今回は、「ちびくろちゃん」について詳しく解説していく。




 

ちびくろちゃんでご飯を炊く方法

ちびくろちゃんでご飯を炊く方法まず、ちびくろちゃんの驚くべき点は「価格」だ。2合炊きは通常1,728円だが、amazonで購入すると800円以下で販売されている。

「電子レンジで美味しいご飯が炊けるわけがない」と思っているのであれば、ぜひ試してほしい。よく火が通っていて、ふっくらとした美味しいご飯が炊きあがるからだ。炊飯器の炊きたてご飯と遜色がない。下記の方法でご飯を炊くことができる。

①お米を入れて研ぐ
②つけおきする(白米15分以上、無洗米1時間以上。事前に準備する)
③2合の場合は500Wで13分間加熱する
④10〜15分ほど蒸らす

炊くまでの時間が早くて、焦げることもない。

 


ちびくろちゃんは一人暮らしにメリット大

ちびくろちゃんは一人暮らしにメリット大ちびくろちゃんが一人暮らしに欠かせない理由は、洗い物が少なく手軽にお米が食べられるからだ。

通常だとザルでお米を研いで、炊飯器でお米を炊く。お茶碗に入れて食べるので、ザル・炊飯器・お茶碗を洗う必要がある。

ちびくろちゃんの良いところは、研ぐ・水切り・つけおき・炊く・おひつ代わりにするのが全てこれひとつで出来ることだ。基本構造がシンプルで、洗うのがとても楽なのだ。

700円台で購入できて、計量カップ・しゃもじも付いている。電子レンジで13分だけなので電気代も節約でき、洗い物も少なくなるので水道代もかからない。

プラスチックに備長炭が配合されているので、プラスチック臭を感じないのも嬉しい。白米・無洗米だけでなく玄米も炊くことができる。これから一人暮らしをする方は、ぜひ活用してほしい。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ