コーヒー代は大きく節約できる

コーヒー代は大きく節約できる毎日欠かさずコーヒーを飲む方へ。自動販売機で買っているコーヒー代を節約することができれば、家計は助かる。

缶コーヒーを買えば120円程度掛かってしまうので、1ヶ月で3,600円が掛かっている。コーヒー1杯20円で済ませれば、1ヶ月600円で月3,000円の節約につながる。

今回は、低単価で美味しいインスタントコーヒーを比較してみた。


 

なんといっても「バリスタ」

なんといっても「バリスタ」低単価で美味しいコーヒーを飲めるといえば、一番人気は「ネスカフェ バリスタ」だ。

家庭用バリスタのコーヒーマシンは1万円を切るが、インスタントコーヒーよりも美味しい。1杯あたり15円~25円ぐらいで飲めるので、とても経済的だ。

操作方法も簡単だ。水タンクに水を入れて、5つのメニュー(エスプレッソタイプ コーヒー,ブラックコーヒー,マグサイズ ブラックコーヒー,カプチーノ,カフェラテ)から好みの種類を選択するだけだ。

湯量を調整して、好みの濃さに変更も可能だ。また、ミルクを注いでカップに移し、メニューからカフェラテ・カプチーノを選択すると、15気圧抽出の熱湯ジェットでミルクが泡立つ。

 


激安なコーヒースティック

激安なコーヒースティック次にオススメなのが、コーヒースティックだ。

1本ずつ包装されているため、湿気ることもなくいつも新鮮な状態で味わえる。インスタントでも、開けたては捨てたもんじゃない。

オススメのコーヒースティックを3つ紹介する。
 
 
 
「AGF ブレンディ インスタントコーヒースティック 」

Amazonでは、1本あたりたったの11円だ。100本セットで販売されている。

1本当たり2グラムが入っているが、十分な濃さだ。お湯だけじゃなく、水や冷たいミルクにも溶ける。

賞味期限も2年先と、十分な期間がある。

 
 
 
「AGF マキシム ちょっと贅沢な珈琲店」

少し値段は上がるが、ちょっとどころかとても贅沢な味だ。1本当たり13円程度となっている。

お湯にしか溶けないものの、美味しいコーヒーをお求めの方はぜひ。

 
 
 
「AGF ブレンディ スティック カフェオレ 大人のほろにが」

甘いコーヒーが好きな方には、スティックタイプのカフェオレをオススメする。

コーヒー1杯に対し、スティックシュガー3g1本と、ポーションミルクを2つ入れた感じの味だ。甘すぎず苦すぎず、ちょうどよい甘さ加減になっている。

1本当たり21円程度だが、ミルク・砂糖も入っていると思うと安い。

 

自宅で飲むのであればタンブラー選びは重要

自宅で飲むのであればタンブラー選びは重要コーヒーを自宅で飲むのであれば、オススメのタンブラーが「THERMOS 真空断熱タンブラー 400ml」だ。

温かい飲み物は温かいまま、冷たい飲み物は冷たいままで保ってくれる。フタが無いにも関わらず、この保温力は素晴らしい。

コーヒー代を節約しつつも、美味しいコーヒーを飲もう!

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ