私はいつもコンビニでクレジットカードを使っている

私はいつもコンビニでクレジットカードを使っている私はいつもコンビニでクレジットカードを使っているのだが、この事を友人に話すと「コンビニでクレジットカード使えるんだ。」という答えが多い。

コンビニの調査によると、クレジットカードの保有率は87%にも関わらず、コンビニでクレジットカード払いをするのは11.7%しかいない。現金払いが85.5%と圧倒的に多いのだ。

クレジットカードを使わない理由として、下記の内容が挙げられる。

・少額の支払いをクレジットカードでするのが恥ずかしい(64.8%)
・サインや暗証番号入力がめんどくさい(31.2%)
・わざわざカードを出すのがめんどくさい(19.2%)

しかし、コンビニでクレジットカード払いをするのは、とても利便性が高いのだ。詳しく解説していく。

スポンサーリンク

 

100円でもクレジットカードを使う

100円でもクレジットカードを使う私はセブンイレブンのコーヒーをよく購入する。このたった100円のコーヒーだけでも、クレジットカード払いをしている。

理由はいくつかある。
 
 
・小銭を出すよりもスムーズ

コンビニで現金払いをする場合、小銭を出すのは面倒だ。さらに、店員からお釣りが返ってくるので、お釣りとレシートの両方をしまう必要がある。

しかし、クレジットカード払いであれば、小銭を出す必要もないし、お釣りもない。レシートとカードをしまう方が楽なのだ。

しかも、大手コンビニでは、5000円以下の買い物であればサインや暗証番号は必要ない。小銭よりも圧倒的に早く会計が終わるのだ。
 
 
・家計簿に自動連携される

私は自動家計簿作成サービス「マネーフォワード」を利用している。

マネーフォワードは、クレジットカードの利用履歴が自動で反映される。現金で支払った場合は、アプリから記帳する必要があるため、クレジットカードの方が手間がないのだ。

↓「マネーフォワード」の詳細は下記の記事をチェック!
家計簿のフリーソフト|マネーフォワードが圧倒的に便利
 
 
・ポイントが貯まる

私は還元率2%の「リクルートカードプラス」を使っている。全ての買い物に対して還元率は2%なので、コンビニの支払いも2%分のポイントが貯まっている。

コンビニで月3万円使っている方は、年間で36万円をコンビニで出費している。2%の還元があると、7200円分のポイントが貯まることになる。

7200円分のポイントは、ホットペッパービューティーで美容院代にしても良いし、じゃらんで旅行に使ってもよい。Pontaポイントとも交換が可能なので、ローソンなどで使用することもOKだ。

これまでと同じようにお金を使っているにも関わらず、年間7200円の節約につながるのは家計の助けになる。

↓「リクルートカードプラス」の詳細は下記の記事をチェック!
リクルートカードプラスは還元率2.0%|最大限活用する方法10選

 

コンビニ側もクレジットカードはありがたい

コンビニ側もクレジットカードはありがたいこれまでコンビニでクレジットカード払いをしたことが無い人は、一度出してみてほしい。私は様々なコンビニで使用しているが、新人スタッフでも手間取ることはない。

現金よりも明らかに決済が早いし、実はクレジットカード払いはコンビニとしてもありがたい。お釣りの間違いや手渡す手間がなくなり、釣り銭も多く用意する必要がないためだ。

コンビニ側にもメリットがあり、支払う方も明らかにお得なため、ぜひ挑戦してみてほしい。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ