ディズニーのチケットは高すぎる!

ディズニーのチケットは高すぎる!私は千葉に住んでいるので、ディズニーランドにはよく行く。

あの節約とはかけ離れた夢の国だが、少しでも安く済ませたいとは思っている。クレジットカードはJCBしか使えないので、必ずJCBを持って行く。そして、なによりお金がかかる入場チケットだが、少しでも安くしたい。

子供のためにもできるだけ連れて行ってやりたい。今回は、ディズニーチケットの割引方法をまとめてみる。




 

通常の入場料

通常の入場料まずは、元々の入場料を把握しておこう。

1日フリーパスだが、大人6,900円・中人(12〜17歳)6,000円・小人(4〜11歳)4,500円となっている。高い!高すぎる!

小さな子供がいる家庭では、3歳までに行きまくるのがベストだ。3歳までは無料で入場できるが、4歳になると急に4,500円になってしまう。最も活用できるチケットの割引術かもしれない。

 


通常の割引チケット

通常の割引チケット・スターライトパスポート
スターライトパスポートとは、土日祝日の午後3時から入園できるチケットだ。大人5,000円・中人(12〜17歳)4,400円・小人(4〜11歳)3,500円なので、1日フリーパスと比べるとだいぶ割安だ。

・アフター6パスポート
仕事や学校終わりにオススメ。平日の午後6時から入園できるのが「アフター6パスポート」だ。大人・中人(12〜17歳)・小人(4〜11歳)にかかわらず、3,900円で購入できる。

・首都圏ウィークデースペシャルパスポート
2015年7月まで販売されていたチケットだ。平日限定だったが、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・群馬県・栃木県・山梨県に在住・在勤・在学の方限定だが、大人6,400円・中人(12〜17歳)5,600円・小人(4〜11歳)4,200円とかなり割安になっている。

 

何より安い「スポンサーファミリーデー」

何より安い「スポンサーファミリーデー」ディズニーチケットを最も割引が受けられるのが「スポンサーファミリーデー」だ。

ディズニーのスポンサー企業社員に配られるチケットだが、社員はPDFを印刷してチケット販売窓口に持って行くだけだ。社員証の提示などがあるのかと思いきや、全く確認はなかった。

スポンサーファミリーデーの期間は、年に大体3ヶ月ほどだ。大人が5,400円で入園できるため、割引率は22%OFFとなっている。これはお得だ!

 

ディズニーチケットの割引術はあまりない

ディズニーチケットの割引術はあまりないディズニーチケットの割引方法について、様々な方法を徹底的に調べたがあまりないのが現状だ。

ヤフオクなどで買う方法も紹介しようかと思ったが、割引率が高くないだけでなく、使用済みの物もあるためオススメしない。以前はチケットに穴を開ける方式だったが、現在はバーコード読み取りなので使用済みかどうか見た目では判断できないのだ。

また、チケットを買うときは、窓口ではなくディズニーリゾート公式サイトをオススメする。ホームページから購入して印刷したチケットを持って行くと、当日チケットを買うのに並ぶ必要がないためだ。

周りにスポンサー企業に勤めている人がいない、もしくは現在受けられる割引がないという方は、ホームページで「ディズニーeチケット」を購入することをオススメする。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ