将来の出費に備えておくべき独身世帯

将来の出費に備えておくべき独身世帯私は結婚して子供もいますが、独身の時には家族が増えると、ここまで出費も増えることを想像できていませんでした。

まだ子供は小さいですが、3人分となると格段に出費は高くなります。

独身の時はお金の使い方が荒くなりがちですが、結婚・出産に向けて貯めておくことをオススメします。お金がないことで結婚が遅れたり、子供が2人欲しかったのに1人になってしまうなど、人生を後悔してしまいます。

今回は、独身世帯の節約術について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

 

独身世帯の節約術① 支出を管理する

独身世帯の節約術① 支出を管理する独身の方がまず始めてほしいのが、「家計簿で支出を管理すること」です。

支出を管理することが、1番の節約術になります。家計簿を付けると「こんなにお金を使っていたんだ」ということが認識でき、お金を使わなくなるように意識が変わっていくためです。

家計簿は、自動家計簿作成サービスを活用しましょう。このサービスを利用すれば、銀行やクレジットカードの情報は全て自動連携され、現金で支払ったお金だけ記帳すれば家計簿が完成するためです。

私は、現金を使った時はアプリですぐに記帳するので、記帳が漏れることもほぼありません。毎月1回は家計簿を確認して、自分がどこで無駄遣いをしているのか認識しましょう。

↓自動家計簿作成サービスについては下記の記事をチェック!
家計簿のフリーソフト|マネーフォワードが圧倒的に便利

 

独身世帯の節約術② クレジットカードを作る

独身世帯の節約術② クレジットカードを作るあなたは、銀行やショッピングセンターで何となく作ったクレジットカードを使っていないでしょうか?

あなたがクレジットカードで年間200万円(月16万6千円)を支払っている場合、還元率0.5%であれば1万円分のポイントがもらえるのに対し、還元率1.2%であれば2万4千円分のポイントがもらえることになります。

今までと同じようにお金を使っていても、これまでよりも年間1万4千円が貯められます。これは大きいですね。

私は、年会費無料で還元率1.2%を実現している「リクルートカード」をオススメしています。なぜ年会費無料でこんなに還元率が高いかというと、リクルートのサービスで使えるポイントを進呈しているためです。

リクルートのサービス、美容院は定期的に行きますよね。ポイントの使い道にも困らないので、重宝しています。といえば「じゃらん」や「ホットペッパー」が有名ですが、私は「ホットペッパービューティー」でポイントを使っています。

旅行やご飯は不定期ですが

↓リクルートカードの詳細は下記の記事をチェック!
年会費無料の最強クレジットカード「リクルートカード」のメリット・デメリット8選

 

独身世帯の節約術③ スーパーで週1回買う

独身世帯の節約術③ スーパーで週1回買う食費を節約するためには、毎日のようにコンビニやスーパーに行くのではなく、週に1回のまとめ買いをしましょう。

「毎日スーパーで半額になっているものを買う」という方もいますが、ほとんどの方が他にもお菓子やジュースなどを買ってしまっています。これでは意味がありません。

あなたが食費を3万円以内に抑えたいのであれば、例えばスーパーで週に1回5千円と決めましょう。

スーパーでは月に2万円ほど使うことになりますので、残りの1万円は外食やコンビニになります。このようにスーパーで使うお金を管理しておくと、残額が少なく食費を管理できるようになります。

また、独身世帯で節約するためには、出来るだけ自炊をすることが重要です。

↓食費の節約については下記の記事をチェック!
食費を抑える方法|食費節約に欠かせない4つの知識

 

独身世帯の節約術④ 光熱費を節約する

独身世帯の節約術④ 光熱費を節約する光熱費は必ず掛かる生活費のため、この費用を節約できると大きいですね。

例えば、あなたの家庭では節水シャワーヘッドを使っているでしょうか?節水シャワーヘッドは安い商品ですが、水道代・ガス代の節約効果は絶大です。

また、お風呂に浮かべておくだけでお湯を綺麗にしてくれる商品もあります。人体に無害な銀イオンが雑菌の繁殖をおさえ、ヌメリや臭いを除去してくれます。何と、6~12時間後には、浴槽内の雑菌が99%除菌できます。

翌日の沸かし直しや、残り湯を洗濯に使う時に重宝します。この商品も節約効果が高いです。

その他、光熱費の節約術はたくさんありますので、1つずつ実践してみましょう。

↓電気代の節約術は下記の記事をチェック!
電気代を劇的に安くする節約術|30%削減する6つの方法

↓水道代の節約術は下記の記事をチェック!
水道代を大幅に節約するために私が行っている15の方法

↓ガス代の節約術は下記の記事をチェック!
ガス代を30%節約するための7つの方法

 

独身世帯の節約術⑤ 通信費を節約する

独身世帯の節約術⑤ 通信費を節約する独身の方は、「スマホと家の光回線を両方契約している。でも家のパソコンはほとんど使わない。」という方も多いです。

家でオンラインゲームなどを趣味にしている人は別ですが、ほとんどの方にとって光回線のインターネットは必要ありません。この契約をやめるだけで、年間5万円以上の節約になります。

パソコンを使いたいのであれば、スマホの契約で通信量を多くしておけば、スマホからのテザリング接続で十分です。

↓通信費の節約術は下記の記事をチェック!
インターネット料金を安くする方法|通信費の節約は格安SIMを活用しよう

 

無理な節約は必要ない

無理な節約は必要ないこれまで節約をしてこなかった人が「今日から毎日自炊をする」「今日から1ヶ月コンビニには行かない」といった節約術をするのは長続きしません。

そして、こういった節約術は意外に大きな費用の削減にならず、いくら節約したのかが見えにくいです。

それよりも、契約を変えたり節約グッズを取り入れるといった、最初の労力だけで継続して節約できる方法をオススメします。頑張るのは最初だけなので、その後は努力しなくも勝手に節約が出来るようになります。

1つずつ実践していきましょう!