エコタイヤで燃費はよくなる

エコタイヤで燃費はよくなるあなたは、車のタイヤを代える時に普通タイヤとエコタイヤで迷ったことはないだろうか?

「エコタイヤ」とは、転がり抵抗を少なくすることで燃費をよくするタイヤだ。同じスピードでも、転がり抵抗が少ないと遠くまで走ることができ、燃費の向上につながる。

しかし、エコタイヤは普通タイヤに比べて高い。どれくらい燃費が向上するのかが分からず、何となくエコタイヤを選ぶ人が多く見られる。

今回は、普通タイヤとエコタイヤを比較し、あなたにあったタイヤが選べるように解説していく。


 

エコタイヤと普通タイヤの比較

エコタイヤと普通タイヤの比較エコタイヤは転がり抵抗を少なくしたタイヤだ。転がり抵抗とは、丸いものが転がる時に生じる抵抗のことである。

転がり抵抗が大きくなればなるほと、車が動くのに大きなエネルギーが必要になる。逆に転がり抵抗を少なくすると、雨の日など地面が濡れているとすべりやすくなる。

しかし、エコタイヤは転がり抵抗を少なくしつつ、雨の日は普通タイヤ並みに滑らないように設計されている。各メーカーが競い合い、以前のように「プレーキが効きづらい」といったことはなくなった。

最新のエコタイヤだと、転がり抵抗を約30%削減している。転がり抵抗を30%少なくできると、約4%の燃費向上が可能だ。

ガソリンが150円/1リットルで、普通タイヤで燃費が10km/1リットルの場合を例に挙げる。エコタイヤを使用した場合は、燃費が10.4km/1リットルとなる。あなたが100km走った場合、

普通タイヤ : 100km÷10km×150円=1,500円
エコタイヤ : 100km÷10.4km×150円=1,442円

普通タイヤとエコタイヤの差は58円だ。つまり、エコタイヤを装着して走ると、100km走るごとに58円がお得になる。

タイヤを3万kmで代える場合、エコタイヤを装着すると17,400円のガソリン代節約になる。普通タイヤと差額が17,400円以内であれば、エコタイヤを選ぶことをオススメする。

つまり、エコタイヤの方が断然お得だと思っていた方は、この結果を思い出して次回はどちらを買うのか判断してほしい。長い距離を走らないのであれば、普通タイヤで十分ではないだろうか?

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ