新エコカー減税が4月からスタート!

新エコカー減税が4月からスタート!2015年4月より、新エコカー減税がスタートする。新車を買う方は、制度を知っておくと得をする可能性があるので、把握しておこう。

新エコカー減税では、電気自動車・ハイブリッド車・クリーンディーゼル社・燃費の良い車への特典は大きいが、ミニバンなど燃費の悪い車は増税となる。

詳しく解説していく。


 

新エコカー減税が適応される車

新エコカー減税が適応される車新エコカー減税が適応になるのは、環境に優しい車だ。下記のような車が該当する。
 
 
・電気自動車

ガソリンを利用せず、電気だけで走る車だ。デメリットは、1回の充電で走行できる距離が短く、充電場所も少ないので旅行や遠い距離を走るのは不向きである。
 
 
・プラグインハイブリッド車

ガソリンと電気の両方を利用して走る車だ。ガソリンを使う頻度が少なく、CO2の排出量が少ない。ガソリンで走ることも可能なので、遠距離でも問題ない。
 
 
・クリーンディーゼル車

ディーゼル車はCO2排出量が実は少なく、燃費も良い。そこで、ディーゼル車を改良して作られたのが「クリーンディーゼル車」だ。
 
 
・燃費の良い車

国が定めている燃費基準を大幅に満たしている車は、エコカー減税の対象となる。

 


新エコカー減税でどれだけ節約できるのか?

新エコカー減税でどれだけ節約できるのか?それでは、次に新エコカー減税でどれぐらい節約できるのかを解説していく。
 
 
・自動車重量税

電気自動車・プラグインハイブリッド車・クリーンディーゼル車等は全額免除となる。ガソリン車は、燃費基準+20%達成車は75%軽減、+10%達成車であれば50%軽減だ。
 
 
・自動車取得税

電気自動車、プラグインハイブリッド車、クリーンディーゼル車は全額免除だ。ガソリン車でも燃費基準+20%達成車であれば全額免除で、+10%達成車であれば80%の軽減、燃費基準をクリアしていれば60%の軽減となっている。
 
 
・グリーン税制

電気自動車やプラグインハイブリッド車に関しては50%の軽減となり、ガソリン車で+10%の基準を満たしている車種は同じく概ね50%軽減、排ガス規制75%を満たしていれば概ね25%軽減となる。
 
 
購入する車によって税額は異なるものの、環境に優しい車はさらに優遇されるようになった。新車を購入予定の方は、ぜひ参考にしてほしい。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ