新幹線は2時間以上遅れると、特急料金が払い戻されるので覚えておこう! あなたは台風などの影響で、新幹線が大幅に遅れてしまったことはないだろうか?

新幹線は2時間以上遅れると、特急料金が払い戻される。意外に知らない方が多いので、今回紹介することとなった。

節約術とは少し外れてしまうかもしれないが、頻繁に新幹線を利用する方はぜひ覚えておいてほしい。




 

払い戻しには遅延証明書が必要

払い戻しには遅延証明書が必要新幹線の特急料金は高いが、2時間以上遅れたとしても駅でのアナウンスなどは基本的に無い。不親切な話だが、混乱になってしまうことも考えるとしょうがないだろう。

払い戻しを受けるために、自由席の場合は駅で「遅延証明書」をもらう必要がある。指定席の場合は、自動改札機で「遅延証」と印字される切符が出てくるので、保管しておこう。

注意してほしいのは、そのまま改札口に切符を入れて立ち去ってはいけないということだ。遅延証明書がなければ、払い戻しは受けられない。

遅延証明書を持って駅の窓口に行くと、払い戻しが受けられる。領収書やクレジット支払書では駄目なので、注意してほしい。

遅延があった当日は、窓口に長蛇の列が出来て時間が掛かってしまう。払い戻しは1年間有効なので、当日ではなく翌日以降の空いているときに払い戻しを受ける事をお勧めする。

 

新幹線だけでなく、JRの特急・急行なども2時間遅れで払い戻しになる

新幹線だけでなく、JRの特急・急行なども2時間遅れで払い戻しになる新幹線だけでなく、JRの特急や急行も2時間以上遅れると払い戻しが受けられるので覚えておこう。また、全て乗車券は払い戻されず、特急券のみの払い戻しとなる。

新幹線は以前のルールだと、1時間以上の遅延で払い戻しを受けられた。今は他の電車も併せて、全て2時間以上の遅延でというルールに統一されている。

私鉄も基本的に2時間以上の遅延で払い戻しとなるが、京成スカイライナー・西武レッドアロー、小田急ロマンスカーなどの特急は1時間以上の遅れで払い戻しが受けられる。

こういったルールを知っておくだけで、払わなくても良かったお金が無駄になる事を防げる。新幹線に乗る方は、必ず把握しておこう。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ