食費を節約したい一人暮らしの方へ

1

「自炊の方が節約できるのは分かっているけど、忙しくて続かない!」という一人暮らしの方へ。

家族で住んでいると自炊のメリットは大きいですが、一人暮らしの場合は自分だけのために料理を作る必要があります。毎日自炊しないと食材が腐ったりすることもあるので、スーパーで安くなっているお惣菜を買ったり、外食をする人も多いです。

今回は、食費を節約したい一人暮らしの方へ、コスパ最強の外食を紹介します。


 

コスパ最強の外食①「丸亀製麺」

2

外食費を安く抑えたい方にとって、最もオススメなのがうどんです。

特に丸亀製麺は安くて美味しいです。さらに、食費を節約したいのであれば「かけうどん 290円」「釜揚げうどん 290円」の2択です。

丸亀製麺の素晴らしいところが、ネギと天かすのトッピングが入れ放題なことです。ネギたっぷりにすれば野菜も食べられて、十分にお腹いっぱいになります。

特大の野菜のかき揚げもコスパ抜群です。ふっくらしていて美味しい特大かき揚げは、130円で購入できます。

また、毎月1日は釜揚げうどんの日となっており、半額の140円で食べられます。これは行くしかありません。

 


コスパ最強の外食②「さくら水産」

3

居酒屋「さくら水産」では、新鮮な魚の定食が500円で食べられます。定食をワンコインで食べられるお店はなかなかありません。

ワンコインという破格に加えて、ご飯・味噌汁だけでなく生卵まで食べ放題です。卵の食べ放題はかなり珍しいです。

卵かけご飯が好きなだけ食べられるのは、嬉しいですね。

 

コスパ最強の外食③「かつや」

4

かつやは激安のかつ屋さんですが、さらにすごいところは毎回100円引きのクーポンがもらえることです。

カツ丼が税込529円なので、100円クーポンがあれば毎回429円で食べられます。

定食もお得で、豚汁好きには堪りません。ロースメンチカツ定食でも税込853円なので、753円で食べられます。

 

コスパ最強の外食④「マクドナルド」

5

説明の必要はないかもしれないですが、マクドナルドもコスパの高い外食です。

商品を頼むコツは、ドリンクを注文しないこと。チーズバーガー・ポテト・ナゲットなど、クーポンで安くなっているものを単品買いした方がお得です。

また、子供がいるのであれば、大人もナゲットのハッピーセット+チーズバーガーで注文すると、チーズバーガー・ナゲット・ポテト・ジュース・おもちゃが付いてお得です。

 

コスパ最強の外食⑤「ステーキガスト」

6

「外食だと野菜不足になってしまう」という方は、ステーキガストをオススメします。

ステーキガストは名前の通り肉のイメージが強いですが、オススメは野菜です。サラダバー食べ放題にも関わらず、1,000円を切ります。

ランチセットだと、ハンバーグ・メンチカツに加え、サラダ・パン・カレー・スープ・ご飯・デザートが食べ放題になります。これで899円(税抜)で食べられます。

オススメの活用法は、15時前後に行って2食分にしてしまうことです。バイキングでお腹をいっぱいにすれば、夜ご飯を抜いても十分に持ちます。

 

コスパ最強の外食⑥「リンガーハット」

7

長崎ちゃんぽんで有名なリンガーハットは、フードコートにもよく出店しています。

リンガーハットがお得なのが、無料で麺を2倍にできることです。麺2倍で注文して、2人でシェアすると安上がりです。

レシートについているQRコードからアンケートに回答すると、餃子5個が無料になります。このように、お得なキャンペーンを組み合わせると、2人で500円以下になります。

 

コスパ最強の外食⑦「サイゼリヤ」

8

格安の外食といえば「サイゼリヤ」ですね。イタリアンが食べたくなったら、迷わずここで決まりです。

パスタ・ハンバーグ・ピザも美味しいですが、一番のオススメは「ミラノ風ドリア」です。299円にも関わらず、味・ボリュームともに文句なしです。

ランチにもいいですが、フライドポテト+ドリンクバーで休憩にもオススメです。

 

その他オススメのコスパ最強外食7選

9

私がオススメのコスパ最強外食を7つ紹介しましたが、下記のお店もオススメです。
 
 
天や

揚げたての天丼がワンコインで食べられます。また、毎月18日は「てんやの日」です。天丼が390円で食べられるので、18日は天やに決まりです。
 
 
サブウェイ

サンドイッチとドリンクもしくはポテトでワンコインとなります。

新鮮な野菜が食べられるので、栄養面でも嬉しいです。ボリュームが心配な方は「野菜を最大で」と伝えると、野菜の量が2倍になります。
 
 
日高屋

おなじみのコスパが高い中華屋です。中華そばが390円で食べられます。また、490円の味噌ラーメンは野菜・ボリューム満点です。
 
 
ケンタッキー

ケンタッキーはマクドナルドより高いイメージがありますが、ランチメニューはワンコインで食べられます。私はツイスターセットにすることが多いですが、とても美味しく満足度が高いです。
 
 
はなまるうどん

たくさんあるうどんチェーンの中でも、はなまるうどんは安いです。かけうどん小は驚きの130円ですし、揚げ物も100円前後です。ネギや薬味も無料なのが嬉しいです。
 
 
ほっともっと

外食ではないですが、格安でお弁当を買えるのがほっともっとです。お弁当は280円からですし、+140円で野菜たっぷりの豚汁が買えます。
 
 
やよい軒

定食屋でコスパが高いのが「やよい軒」です。

やよい軒の嬉しいサービスが、ご飯と味噌汁のおかわり自由です。店員さんに頼む必要はなく、自分で取りに行くスタイルなので気軽におかわりができます。

ガッツリメニューが多いですが、サバの味噌煮定食屋(630円)など安くて女性に人気のメニューもあります。

 

外食で得をするためには工夫が必要

10

外食でコスパを高めるためには、工夫が必要です。下記の2点を考えてみてください。
 
 
食べ放題で2食分にする

ステーキガストなど、食べ放題のお店では2食分にすることをオススメします。

お昼ご飯を遅くして、15時頃から食べ始めましょう。夜ご飯分も食べてしまえば、2食分になります。ココスの朝食バイキングで、朝・昼御ご飯にするのもいいですね。
 
 
利益率の高いメニューは頼まない

お店のメニューの中では、利益率の高いメニュー・低いメニューがあります。

例えばマクドナルドでは、ドリンクは非常に利益率が高いです。お持ち帰りであれば、飲み物は家で用意しましょう。

吉野家で利益率が低いのが牛丼です。定番メニューは安く設定してお客を呼んでいるので、定食など利益率の高いメニューは避けましょう。
 
 
このように、様々な工夫をすればコスパ最強の外食にすることも可能です。ぜひ実践してみてください。