節約をするためには「目標を定める」ことが欠かせないあなたは何のために節約をするのだろうか?家を購入したい、車を買いたい、海外旅行に行きたいなど、様々な理由があるだろう。

そんな中で「将来が不安だからとにかくお金を貯めたい」という回答が最も多い。教育費や老後に漠然とした不安があり、節約術を学びたいという意見だ。

しかし、そういった方の多くは節約に成功しない。なぜなら具体的な目標が無いからだ。

今回は節約をするために大切な「目標を定める」ことについて、解説していく。




 

目標を定める

目標を定める節約というのは「お金が使えなくなる」「我慢をしなければならない」「家計簿が面倒だ」というイメージがある。しかし、私は「人生を楽しむために節約を取り入れる」という考え方を持ってほしいと思っている。

あなたには目標を持って節約に取り組んでほしい。

例えば、あなたが海外旅行が好きだとする。節約をする上で、お金のかかる海外旅行をやめるというのは、お金は貯まるかもしれないがあなたの楽しみが無くなってしまう。

そこで、例えば1年で100万円を貯めるために節約をする。100万円貯まったら、15万円を使って海外旅行をするという目標を立てることで、節約が続く可能性は高くなる。

1年で100万円の節約なので、月に83,333円を貯める必要がある。今まで全く貯金をしてこなかったのであれば、「どうすれば月に83,333円を節約できるのか?」を考えなければならない。

そこで「海外旅行に行く」という目標があれば、その他に浪費をしている部分を削ることは負担にならない。目標を立てずにただお金を使わないようにする、という人は節約に失敗する可能性が高い。

 

漠然とした将来の不安はどうすればいいのか?

漠然とした将来の不安はどうすればいいのか?あなたが「老後が不安だからお金を貯めたい」と思った時は、目標を定めよう。

例えば、老後は月に28万円あれば心配なく暮らせるだろう。年金が月23万円とすると、月5万円足りない。

5万円×12ヶ月×30年間=1,800万円

つまり、あなたの目標は1,800万円となる。あなたが42歳なのであれば、年間100万円を貯める必要がある。

「老後が不安だから何となくお金を貯めたい」よりも「年間100万円を貯めるにはどうすればよいか」を考えた方が、節約を続けることが容易になる。

 


まとめ

まとめ節約部では、ただ節約をしてお金を貯めるだけではなく、「人生を豊かにするために節約を取り入れる」という考え方をしていきたい。

あなたは何のために節約をするのか?まずは目標を立ててみよう。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ