一人暮らしはお金が掛かる!節約効果は絶大

一人暮らしはお金が掛かる!節約効果は絶大春は、一人暮らしを始める方が多い時期だ。あなたは一人暮らしにどれくらいの費用が掛かるか把握しているだろうか?

驚くかもしれないが、初期費用として最低でも70万円は用意しておく必要がある。家賃68,000円の家に一人暮らしする人を例に挙げる。
 
 
 
・家賃の初期費用(385,000円)

あなたは家賃68,000円(他共益費2,000円)の家に住む場合、家賃の6ヶ月分は家の初期費用として見ておこう。

地域や物件によって異なるが、敷金2ヶ月分・礼金1ヶ月分・仲介手数料1ヶ月分・前払い家賃1ヶ月分が相場だ。

その他、火災保険料や鍵の交換費用も掛かるため、家を契約するだけでかなりのお金が掛かってしまう。
 
 
 
・家賃の初期費用(385,000円)

敷金 : 136,000円
礼金 : 68,000円
仲介手数料 : 68,000円
前払い家賃 : 68,000円
火災保険料 : 25,000円
鍵の交換費 : 20,000円

合計    : 385,000円
 
 
 
・引越し費用(55,000円)

また、引越し費用も当然用意する必要がある。荷物の量や距離にもよるが3~7万円が相場となっている。

例えば、愛知県から東京都まで単身引越しサービスを利用した場合、大体55,000円前後だ。
 
 
 
・生活必需品(190,000円)

次に、必要最低限の家具・電化製品・インテリアを揃えよう。

洗濯機 : 30,000円
テレビ : 30,000円
冷蔵庫 : 20,000円
電子レンジ : 10,000円
テーブル : 10,000円
ベッド : 40,000円
その他 : 50,000円

合計 : 190,000円

「その他」は、キッチン雑貨やカーテン、照明器具といった物だ。最低限の物を新品で揃えるだけで、これだけの費用が掛かってしまう。
 
 
 
・給料日までの生活費(40,000円)

社会人の場合、最初の給料日までの生活費も確保しておく必要がある。

食費   : 20,000円
日用品 : 5,000円
交際費 : 5,000円
交通費など : 10,000円

合計 : 40,000円

ギリギリの生活をしたとしても、40,000円は確保しておくべきだろう。

この費用を全て合計すると67万円だ。給料日までの生活費は4万円でギリギリなので、大体70万円が相場となっている。今回は、一人暮らしの引っ越し費用・生活費を節約する9つの方法を紹介する。

スポンサーリンク

 

引っ越す時の節約術5選

引っ越す時の節約術5選まず、家を決めて引っ越す時に行ってほしい節約術を5つ紹介する。
 
 
 
・家賃は2年間の合計で算出する

家賃は1ヶ月ごとで考える方が多いが、2年間ごとの更新があるため、2年間の合計で算出するようにしよう。

先ほどの例でいえば、家賃68,000円・共益費2,000円だ。

家賃 : 68,000円×24ヶ月=1,632,000円
共益費 : 2,000円×24ヶ月=48,000円
礼金 : 68,000円
更新料 : 68,000円
仲介手数料 : 68,000円

2年間合計 : 1,884,000円

2年に1回の更新料・礼金・仲介手数料も含めた上で、計算することが重要だ。(敷金は返ってくる費用のため、計算に入れる必要はない。)この場合、1ヶ月の家賃は78,500円となる。家賃+共益費で70,000円だと思っていたが、実際には月に78,500円が掛かっている。

2年間の合計で費用を算出すると、礼金・更新料・仲介手数料が掛からない物件に住むことで、家賃を安く抑えることができる。

例えば、UR賃貸住宅を利用する方法だ。UR賃貸住宅は、国の事業で運営しているためしっかりとした作りの家が多い。仲介手数料・礼金・更新料が不要のため、2年間の総額で家賃を算出した場合、同じ家賃であれば圧倒的にお得になる。
 
 
 
・家賃を出来るだけ抑える

家賃は貸主の言い値だと覚えておこう。家賃は値切れないイメージがあるかもしれないが、全くそんなことはない。借りたい家を見つけた場合、とにかく一度は価格交渉をしよう。家賃を値引きしたり、礼金を0円にすることは意外に難しくない。
 
 
 
・キャッシュバック賃貸を利用する

賃貸物件を紹介しているサービス「キャッシュバック賃貸」は、必ず利用しよう。

キャッシュバック賃貸とは、ホームページ経由で賃貸契約をすれば1万円以上のキャッシュバックが受けられるサイトだ。キャッシュバック賃貸は、不動産会社からの広告費で運営されている。広告費の一部を、契約した方にもキャッシュバックされる仕組みとなっている。

174万件の賃貸情報があり、あなたが他のホームページで探した家もたくさん掲載されている。掲載されている家賃も同じなので、掲載されていればキャッシュバック賃貸経由で必ず契約しよう。

↓キャッシュバック賃貸の詳細はコチラ
家賃を節約するために|キャッシュバック賃貸で1万円以上節約できる
 
 
 
・引越し料金を無料にする

「引越し料金が無料になるなんてありえない。」と思うだろう。

しかし、引っ越しサービスの「ゼロコシ!」を利用すれば、無料で引越しをすることが可能だ。その理由は、インターネット回線とプロバイダも合わせて契約するためだ。

引越し業者を手配すると、通常3~7万円が掛かる。しかし、インターネットを同時に申し込むだけで、引っ越し料金が無料になるのは大きい。

インターネット回線を契約すると、家に業者が来るので面倒が多い。しかし、引っ越し業者がインターネット回線工事も一緒に行ってくれるので、手間がなく引越し代も節約できる。

↓「ゼロコシ!」の詳細はコチラ
激安引越し業者は0円引越しサービス「ゼロコシ!」がオススメ
 
 
 
・不要品は売る

引越しに付きものなのが「不要品」だ。不要品はほとんどの方が捨ててしまうが、売れる物は売ってしまおう。

「オークションの出品はお金も掛かるし面倒。」という方は、宅配買取「ブランディア」をオススメする。ブランド品だけでなく、ショッピングセンターでよく見るブランドの服やバックでも買取可能だ。

往復の送料・梱包キット・キャンセル料・振込み手数料など、全て無料で買取してくれる。捨てるのではなく、ブランディアで売ってみよう。

↓宅配買取「ブランディア」の詳細はコチラ
宅配買取「ブランディア」は超便利!メリット・デメリット を徹底解説

 

一人暮らしの生活費を節約する方法4選

一人暮らしの生活費を節約する方法4選引越しが終わったら、生活費を節約するために最初に行っておくことを5つ紹介する。

この5つのことを最初に行っておくだけで、お金の貯まり方が全く違ってくる。
 
 
 
・ネットバンクの口座を作る

ネットバンクの口座は、一人暮らしをする上で本当に重宝する。

最もオススメなのは、「住信SBIネット銀行」だ。一人暮らしをすると振込をする機会が増えるが、住信SBIネット銀行は他行への振込も月に3回まで無料という驚くべきサービスがある。

どこのコンビニでも、手数料無料でお金を引き出せる。また、活用すべきなのが「定額自動入金」「定額自動振込」だ。

定額自動入金とは、他の銀行口座から自動でお金を住信SBIネット銀行に移してくれるサービスだ。あなたがみずほ銀行を使っている場合、みずほ銀行から家賃分の7万円を住信SBIネット銀行に移すように設定しておく。

毎月7万円が自動で移り、定額自動振込を利用すれば勝手に振り込んでくれる。家賃を銀行振込で支払う場合は、これほど便利なシステムはない。

しかも、このシステムが完全無料で使えるのだ。使わない手はない。

↓「定額自動振込・定額自動入金」は下記の記事をチェック
定額自動振込・定額自動入金を活用して完全無料で積立貯金をする
 
 
 
・クレジットカードを作る

クレジットカードは、ほとんどの決済で利用できる。ファミレスやコンビニでも利用可能だ。

クレジットカードは、全ての決済に対してポイントがもらえる。還元率1.75%のクレジットカードを使用する場合、月に15万円使えば2,625円がポイントとしてもらえる。

クレジットカードを作るだけで、年間31,500円の節約になる。使わない手はない。

↓クレジットカードの選び方は下記の記事をチェック
節約のために絶対知っておくべきお得なクレジットカードの選び方
 
 
 
・自動家計簿作成サービスを利用する

クレジットカードを使用するもう一つのメリットは、「自動家計簿サービスと連携できる」ことだ。

自動家計簿サービス「マネーフォワード」は、銀行・クレジットカード・証券会社などの情報を登録しておくと、利用履歴を全て一括管理ができるサービスだ。

クレジットカードの利用履歴は全て反映されるため、わざわざ家計簿を記入する必要がない。光熱費や生命保険の支払いも、銀行の利用履歴が反映されるため自動で記帳される。

現金で支払った場合は、当たり前だが記帳が必要となる。つまり、クレジットカードで出来るだけ支払いをすると、自動的に家計簿が作成されることになる。

家計簿を作成することで、「今月は使い過ぎた」「食費が掛かりすぎている」など、気付くことがたくさんある。問題に気付くと、自然にブレーキが掛かり出費を抑えることができる。

マネーフォワードは、これだけの高機能にも関わらず無料で利用できる。

↓マネーフォワードは下記の記事をチェック
マネーフォワード|絶対に挫折しない自動家計簿作成サービス
 
 
 
・カーシェアリングを利用する

車を利用したい方は、まずあなたの家の近くでカーシェアリングが使えないか確認しよう。

車の維持費は本当に高い。カーシェアリングを利用すると、下記の費用が節約できる。

・車の購入費
・ローンの場合は金利
・車検費用
・自動車税や重量税
・自賠責保険料
・任意保険料
・ガソリン代
・駐車場代

一人暮らしで通勤・通学に車を使わない場合、車を持つ必要はない。

↓カーシェアリングの詳細は下記の記事をチェック
・カーシェアリング「タイムズカープラス」は超便利!メリット・デメリットを紹介
・カレコのカーシェアリングはタイムズよりも安い!首都圏の方は必見!

 

一人暮らしの節約で大事なのは引っ越す時

一人暮らしの節約で大事なのは引っ越す時一人暮らしの費用を抑えたい場合、最も大事なのが引っ越す時だ。

最初に家賃交渉をして毎月の固定費を低くし、銀行の口座やクレジットカードを作っておくだけで、1年後にはかなりの金額を節約できる。

しかも、他の人と同じようにお金を使っているにも関わらず、お金が貯まるようになる。無理な節約術は続かないので、ここで紹介している節約術から試してほしい。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ