一人暮らしの電気代は3,000円以下に抑えよう

一人暮らしの電気代は3,000円以下に抑えよう一人暮らしのあなたは、毎月どれくらい電気代が掛かっているだろうか?

一人暮らしの電気代は、平均で4,199円だ。部屋の大きさや家にいる時間により異なるが、これより高い方は明らかに使いすぎている。

あなたが電気代を安くしたいのであれば、3,000円以下を目指してほしい。今回は、電気代を3,000円以下にするための方法を3つ紹介する。

スポンサーリンク

 

時間帯割引契約

時間帯割引契約あなたは、電気契約に様々なプランがあることをご存じだろうか?

もし知らない方は、おそらく「従量電灯」という契約をしている。どの時間に使っても、電気代は同じというプランである。

あなたが一人暮らしで日中は外にいる場合、このプランはオススメしない。「時間帯割引契約」に切り替えることで、電気代を劇的に安くすることができる。

「時間帯割引契約」とは、夜10時(11時)〜朝8時(7時)までの電気代を70%〜80%OFFにする代わりに、その他の時間帯は約30%ほど高くなるという割引である。

地域によって割引になる時間帯は違うが、夜中が圧倒的に安くなっているので、洗濯などはまとめて夜中にしよう。

 

契約アンペアを下げる

契約アンペアを下げる契約アンペアを下げる節約法は、多くの人が実践している。

最大限使用できる電気量は、契約によって変えることができる。現在50Aで契約している方は、40Aに下げるだけで費用が安くなる。

その代わりに一度に様々な家電製品を使った場合、ブレーカーが落ちることがある。家庭内で使用する電気量を考え、契約を変更しよう。契約を10A下げると、基本料金が月に250円、年間3,000円の節約につながる。

 

使用料を抑えて電気代の単価を抑える

使用料を抑えて電気代の単価を抑える電気代は、使用料によって単価が変わることをご存じだろうか?

電気料金は、基本料金+(単価×使用量)となる。先ほど紹介した契約アンペアを下げる方法は、基本料金を下げる節約術だ。使用料を抑えることで、単価を安くすることができる。

月によって単価は変わるが、下記のような3段階となる。

120kWhまで : 17.87円
121〜300kWh : 22.86円
301kWh以上 : 24.13円

 

契約を変更するだけで電気代は大きく抑えられる

契約を変更するだけで電気代は大きく抑えられる今回紹介した3つの方法は、電力会社に連絡をして電気料金の契約方法を変更するだけだ。

たったこれだけで、電気代を劇的に安くすることが可能になる。契約の変更は面倒に思うかもしれないが、努力しなくても節約できるようになるので、すぐに変更しよう。

電気代の節約術は下記の記事でも紹介しているので、参考にしてほしい。

電気代を劇的に節約する7つの方法まとめ

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ