手取り18万円・一人暮らしでも貯金をすることは可能

手取り18万円・一人暮らしでも貯金をすることは可能「手取り18万円でも一人暮らしは可能でしょうか?」という問い合わせを受けました。

手取りとは、本来の給与から税金や社会保険料を差し引いた金額です。年収で言うと、ボーナスも含めると300万円前後になります。

年収300万円なので決して高い給料ではありませんが、かなり低い金額でもありません。一人暮らしは十分に可能ですし、この金額で一人暮らしが出来ないのは問題です。

しかし、一人暮らしをしても貯金が出来ないのでは不安ですね。結婚資金や将来のことを考えると、一人暮らしで生活力を付けつつ貯金もする必要があります。

今回は、手取り18万円での一人暮らしについて、詳しく解説していきます。


 

手取り18万円の家計の内訳

手取り18万円の家計の内訳まず、手取り18万円の一人暮らしで、一般的な家計の内訳を紹介していきます。車は所有せず、首都圏暮らしの想定です。

家賃 : 75,000円
食費 : 25,000円
光熱費 : 10,000円
通信費 : 10,000円
生活用品 : 5,000円
服・美容 : 10,000円
交通費 : 10,000円
交際費 : 15,000円
貯金 : 20,000円

合計180,000円

2万円を貯金に回す場合の内訳ですが、あなたは実践できそうでしょうか?

家賃は収入の3分の1が目安となりますが、首都圏で一人暮らしをする場合に家賃を6万円に抑えるのは厳しいです。75,000円の設定にしています。

交際費が15,000円は少ない、服・美容に10,000円は少ないといった意見があるかと思います。この内訳を参考にしつつ、自分なりに割り振ってみましょう。

 


手取り18万円の節約方法① 休日の過ごし方を変える

手取り18万円の節約方法① 休日の過ごし方を変える休日にショッピングやディナーにばかり行っていては、お金が足りません。先ほどの内訳では、食費25,000円、服・美容10,00円、交際費15,000円の設定です。

手取り18万円で一人暮らしをするのであれば、お金の掛からない趣味も探してみましょう。外でジョギングなど軽い運動をしたり、図書館を活用したりといった方法であれば、お金が掛かりません。

また、お金の掛からないデートもたくさんあります。ぜひ参考にしてみてください。

↓お金の掛からないデートプランについては下記の記事をチェック!
節約デートプラン5選|お金をかけずに楽しめるスポット

 

手取り18万円の節約方法② ミステリーショッパー(覆面調査)を活用する

手取り18万円の節約方法② ミステリーショッパー(覆面調査)を活用する現在は様々な企業がミステリーショッパー(覆面調査)を行っています。

ミステリーショッパーとは、飲食店などで実際にサービスを受けて、接客・料理などを評価することです。ミステリーショッパーを行う人は、飲食店で食事が出来て報酬も受け取ることができます。

一人暮らしの方であれば、副収入がもらえるだけでなく食費の節約にも繋がります。ミステリーショッパーは専門サイトで様々な案件を紹介してもらえるので、あなたの暮らしている地域にも募集があると思います。

登録は無料なので、ぜひ探してみてください。

↓ミステリーショッパーについては下記の記事をチェック!
ミステリーショッパーのお勧めサイト3選を比較|副収入・節約に効果大!

 

手取り18万円の節約方法③ 通信費の節約

手取り18万円の節約方法③ 通信費の節約家計の内訳の中で、大きく節約できる可能性があるのが「通信費」(10,000円)です。

現在docomo・ソフトバンク・auの大手キャリアで契約している人は、格安スマホへ切り変えることを検討しましょう。「使い勝手が悪くなるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、通信網は同じなので全く不自由はありません。

格安スマホを活用しながら、これまで通りiPhoneを使うことも可能です。

↓格安スマホについては下記の記事をチェック!
格安スマホでもiPhone6sはお得に使える!使用料を半額にする方法

 

一人暮らしを満喫しよう

一人暮らしを満喫しよう一人暮らしは慣れるまでが大変ですが、遅い時間に帰ってきても文句を言われず、自由な毎日になります。

親のありがたみを感じつつ、金銭感覚や生活力を向上させるために頑張りましょう。すぐにこのような家計にならなくても、毎月見直しをすれば手取り18万円で十分に暮らせて、貯金をすることも可能です。

ぜひ、実践してみてください。