食の宝庫「北海道」のふるさと納税

食の宝庫「北海道」のふるさと納税実質2000円でたくさんの特産物がもらえる「ふるさと納税」。最近テレビでもよく取り上げられるのでご存じの方も多いが、節約術として抜群の効果がある。

今までも節約部ではふるさと納税について紹介してきたが、今回は食の宝庫「北海道」の超お得なふるさと納税を紹介する。

北海道といえば、何が思いつくだろうか?カニ・ウニなどの海産物はもちろん、メロンや肉が思いつく方もいるだろう。普段は高くて買わない食材でも、ふるさと納税で実質2000円になる。これを機に、美味しい食べ物をゲットしよう。


 

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは?ふるさと納税と聞いて、「名前だけしか知らない。」という方も多い。まずはふるさと納税とは何かを紹介する。

ふるさと納税というのは、全国の中から市町村を選んで納税することで、ふるさと納税をした市町村から特産物(米・肉・海産物・野菜など)がもらえる制度だ。

以前紹介した長野県阿南町では、1万円分の納税でお米が20kgもらえる。しかも、地方で取れた新鮮な食材が送られてくるので、とても美味しいものばかりだ。

なぜ実質2000円で様々な食材がもらえるのだろうか?それは、払った金額によって所得税・住民税から減額されるからだ。

あなたの年収や家族構成によって上限額が違うが、上限額までであれば2000円で済んでしまう。所得税は寄付した年に、住民税は翌年度から減額となる。

例えば、夫婦と高校生の子供一人の家族で、給料収入が700万円だとする。この場合、約6万円までのふるさと納税であれば、実質2000円で済んでしまう。

↓ふるさと納税の詳細は下の記事をチェック
ふるさと納税|実質2,000円で名産物がもらえる超節約術

 


北海道と言えばメロン

北海道と言えばメロン北海道には179の市町村があり、そのうち約100市町村がふるさと納税を実施している。

北海道で人気のふるさと納税といえば、やはりメロンだ。普段は高くて買わないメロンだが、ふるさと納税だと安く食べられることで人気となっている。その中でも、下記3つの市町村が圧倒的な人気を誇っている。

「栗山町」

5000円の寄付で約1.7kgの日原メロンがもらえる「栗山町」。北海道のふるさと納税の中で、トップクラスの人気を誇る。

日原メロンは、オレンジ色の柔らかい果肉とトロリとした食感、メロン独特の芳醇な香りが強いのが特徴の逸品だ。また、今年から5000円ごとに1玉なので、1万円であれば2玉がもらえる。

「士別市」

士別市では、1万円の寄付で「レッド113」「マリアージュ種」という2つの品種が一度にもらえる。

レッド系メロンの「レッド113」は糖度14~15度でギフトとしても人気があるメロンだ。「マリアージュ種」は、糖度16度で甘みと旨みは申し分なく、大玉としても有名な品種となっている。

「むかわ町」

1万円以上のふるさと納税で「ほべつメロン」が2玉もらえる。「ほべつメロン」とは、夕張メロンの生みの親である小林勇氏が、夕張メロンを超えるメロンとして作り上げた物だ。

1本の樹から1~2個だけしか収穫できない高級メロンだ。夕張産のキングメロンを上回る糖度と果肉の厚さとなっている。

 

その他オススメ食材がある2つの市町村

その他オススメ食材がある2つの市町村北海道のふるさと納税はメロンだけではない。海産物や野菜もオススメの物が多くある。

「日高町」

日高町のふるさと納税は特徴的だ。5000円の寄付で「ししゃも40尾」という太っ腹な量である。

「日高産のししゃも」は高級で、40尾だと3000円~4500円ほどで買うことができる。5000円の寄付でこれだけの食材がもらえるのは嬉しい。

「当別町」

当別町では、1万円の寄付で「とうもろこしが20本」もらえる。もらえるとうもろこしは2種類だ。

実の皮が柔らかくて美味しい「未来」と、糖度が高い「ピュアホワイト」がそれぞれ10本入っている。とうもろこしが好きな方は見逃せない。

 

ふるさと納税で節約と贅沢を

ふるさと納税で節約と贅沢をふるさと納税を活用すれば、節約をしながら贅沢な食材がもらえる。お米など必ず食べる物をもらいつつ、今回紹介した高級メロンを食べるのもいいだろう。

ふるさと納税をするには、確定申告をする必要がある。サラリーマンの方は、「今まで確定申告なんかしたことない。」という方も多いと思う。

確定申告は全く難しくないので、面倒がらずにやってみよう。これだけたくさんの特産物が2000円でもらえてしまうので、絶対にオススメだ。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ