ケータイ補償サービスは必要ない!

スマホ

ケータイの契約をする時に、必ず迷うのが「補償サービスへの加入」です。

月額500円程度で、壊れた時に補償が受けられるサービスなのですが、ほとんどの方がこの補償サービスに入っているのではないでしょうか?

ちなみに、私はケータイ補償サービスには入っていません。はっきり言ってしまえば、ケータイ補償サービスは必要ありません。

今回は、ケータイ補償サービスについて詳しく解説していきます。


ケータイ補償サービスを知ろう

故障

まずは、携帯会社が用意しているケータイ補償サービスを知りましょう。

各社同じような補償サービスとなっていますが、ドコモの補償サービスを例に紹介します。

まず、補償サービスは「iPhone・iPad用」と「それ以外のスマホ・タブレット」に分かれます。

iPhone・iPad用は「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」、それ以外のスマホ・タブレットは「ケータイ補償サービス」となります。
 
 
 
・ケータイ補償サービス for iPhone & iPad

月額750円で加入出来る補償サービスです。それ以外のスマホ・タブレットよりも250円高くなっています。

最も大きなメリットは、トラブル時に新しいiPhone・iPadと交換出来ることです。交換の際には11,000円が発生しますが、新しい機種を買うと8万円程度は掛かります。

修理に出すと1~2週間は返却されませんが、交換サービスは申し込みから1日~2日で送られてきます。

機械トラブルだけでなく、紛失・水濡れ・全損などの場合も対応してくれます。

しかし、ケータイ補償サービス for iPhone & iPadは修理には対応していません。交換サービスは新しいスマホが送られてくるため、データは引き継ぐことが出来ません。

修理やデータ復旧は実費になることを覚えておきましょう。
 
 
 
・ケータイ補償サービス

iPhone・iPad以外の機種は「ケータイ補償サービス」に入ることになります。

月額500円となり、トラブル時の交換サービスに対応しています。iPhone・iPadよりも交換費用が安く、7,500円で交換が可能です。

iPhone・iPadと違い、修理にも対応しているのがメリットです。自然故障や初期不良は通常だとメーカー保証の1年のみですが、ケータイ補償サービスに入っていればその後も修理が無料で受けられます。

補償対象外の故障時には、修理代金が上限5,000円までとなります。スマホの修理は数万円になることが多いので、上限5,000円は嬉しいです。

また、データ復旧は通常8,000円ですが、ケータイ補償サービスに入っている場合は2,000円で利用可能です。

 


ケータイ補償サービスの代わりにセゾン「Super Value Plus」がオススメ!

セゾンカード

私はケータイ補償サービスには入っていません。

その理由は、セゾンカードの「Super Value Plus」に入っているからです。

Super Value Plusの「お買い物安心プラン 充実コースY」というプランがあります。

携行品(持ち歩くもの)の補償があり、限度額は10万円となっています。つまり、ケータイを壊して修理に出す場合に、10万円までは補償してくれるのです。

この補償は、月額たったの300円で加入することが出来ます。しかも、自己負担金は1,000円のみです。

このプランの凄いところが、携行品であれば全て対象になることです。

私は普段からノートパソコン・タブレットを持ち歩きます。また、壁に時計をぶつけて壊すこともあるかもしれません。

それぞれ保険に入っていては、毎月の補償サービス費用が高くなってしまいます。しかし、「お買い物安心プラン 充実コースY」に入っていれば、携行品は全て補償が受けられるのです。

もちろん、水濡れや破損にも適応されますし、驚いたのがセゾンカードで買った物でなくても補償が受けられる点です。

この「お買い物安心プラン 充実コースY」は絶対にオススメなので、ぜひ活用してみてください。