お金持ちに学ぶ5つの習慣

お金持ちに学ぶ5つの習慣節約部を訪れている方は、お金を少しでも増やしたいと思って来てくれているだろう。

お金持ちの生活習慣を知れば、お金が増える法則が分かってくる。今回は、お金持ちの方が実践している習慣を5つ紹介する。

どの習慣も、あなたが実践できる法則ばかりだ。少しずつ生活に取り入れてみよう。

スポンサーリンク

 

お金持ちとは?

お金持ちとは?まず、お金持ちとはどれぐらいの収入を指すのだろうか?

日本でお金持ちの定義は、年間納税額が3000万円以上の人だ。年収に換算すると1億円前後となる。

「年収1千万円でもなかなかいないのに、年収が1億円の人なんているの?」と思うかもしれない。しかし、日本人の約7600人に1人にあたる約1万7千人が年収1億円以上となっている。

 

お金持ちに学ぶ5つの習慣

お金持ちに学ぶ5つの習慣お金持ちの生活習慣には、5つの法則がある。
 
 
 
①自己投資は惜しまない

お金持ちは、投資と浪費をしっかり区別している。自分の成長につながるものを投資と認識して、お金を惜しまずに使う。

本をたくさん読み、多くの人の話を聞く。当たり前だが、お金持ちは特に大切にしている。

②浪費をしない

本当のお金持ちは、浪費をしない。よくテレビで豪華な家に高い外国製の家具や絵がたくさん置いてあるのを見かけるが、本当のお金持ちは質素な生活をしている。

最新のものは追いかけず、電化製品も壊れるまで使う。質素な生活だから、お金が貯まるのだ。

③お金を卑しいと思わない

お金持ちは、お金は人を幸せにした分だけもらえるものだと考えている。逆に、貧乏な人はお金を卑しいと思っている。

お金持ちは堂々とお金の話をするが、貧乏人はお金の話を避けるものだ。

④朝型の生活をしている

お金持ちの人は、必ずといっていいほど朝型の生活をしている。人間は朝に行動した方が、パフォーマンスを発揮できることを認識しているからだ。

朝型生活の方が幸福度も高いというデータがある。あなたも実践してみよう。

⑤身だしなみに気を遣う

お金持ちは見た目が大切だということを知っているので、身だしなみに気を遣う。高い時計などをするという意味ではなく、清潔感を大切にする。

また、ブランド品のバッグや時計は使わないが、靴の手入れはしっかりしている。
 
 
 
5つの法則を読んでみて、あなたはどれぐらい実践できているだろうか?誰でも取り入れることができる法則なので、ぜひ実践してみてほしい。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ