4月1日から新料金プランが登場!大幅割引に!

4月1日から新料金プランが登場!大幅割引に!IIJmio(みおふぉん)から、4月から始まる新料金プランが発表された。

格安スマホを持つ上で、通信会社は「IIJmio」「DMMモバイル」が一歩先を出ている状況だ。他の通信会社(MVNO)と比較すると、料金はこの2社も含め同じくらいだが、「通信の安定度」「バースト機能」を考慮すると、この2社のどちらかで決まりだろう。

現在、格安スマホの通信会社は競争が激化し、価格面ではほとんど差が無い状況だ。音声付のプランであれば、2GBで月1,600円前後、4GBで月2,200程度に落ち着いている。

↓「IIJmio」(みおふぉん)の詳細はコチラ
IIJmioの評判|格安MVNOを使いこなしてスマホ料金を節約する

↓「DMMモバイル」の詳細はコチラ
格安スマホにDMMモバイルが登場!メリット・デメリットを解説

格安スマホの特集を見ると、「2GBならこの会社が安い」「7GBならこの会社が安い」といった記事が多い。しかし、料金は数十円の違いとなっていた。

しかし、今回IIJmio(みおふぉん)から発表された新しい料金プランは、他者を圧倒するものだった。4月から現在の料金プランに1GBプラスし、同じ料金でサービスを行うということだ。ファミリーシェアプランは3GBプラスされている。
 
 
「今までの料金プラン」

ミニマムスタートプラン(2GB/月) : 900円
ライトスタートプラン(4GB/月) : 1,520円
ファミリーシェアプラン(7GB/月) : 2,560円
※音声通話を利用する場合は、+700円が別途必要
 
 
「4月1日からの新料金プラン」

ミニマムスタートプラン(3GB/月) : 900円
ライトスタートプラン(5GB/月) : 1,520円
ファミリーシェアプラン(10GB/月) : 2,560円
※音声通話を利用する場合は、+700円が別途必要
 
 
3GB/月で900円というのは、これまでの傾向ではありえない価格設定だ。IIJmio(みおふぉん)は2年前から格安スマホのサービスを展開しており、機能・通信の安定性でも他社を圧倒している。それに加え、今回の新料金プランを発表し、通信会社では独走状態となった。

 

IIJmio(みおふぉん)のメリット3つ

IIJmio(みおふぉん)のメリット3つIIJmio(みおふぉん)は、今までの料金プランでも他社に比べ最もオススメだった。価格面では他社と同様であったが、下記3つのメリットがあるためだ。
 
 
・通信が安定している

格安のMVNO会社では、通信が遅い場合がある。価格が安いため多くの方が利用した結果、MVNO会社が確保している通信量をオーバーしてしまうためだ。

そのため、格安スマホに変更する際には、OCN・BIGLOBE・IIJmio・DMMモバイルなど、大手のMVNO会社をオススメする。大手のMVNO会社は、通信障害が出ないように対策しているからだ。

IIJmioの評判が高い理由の一つに、安定した通信速度が挙げられる。日経トレンディにも特集されていたが、IIJmioの通信速度は昼休みや夜8時~10時といった多くの方がネットを使う時間帯でも、速度が落ちることがほとんどない。
 
 
・バースト機能

IIJmioの特徴として、「バースト機能」が挙げられる。DMMモバイルもバースト機能を搭載している。

IIJmioは、データ通信量を使い切った場合や、高速データ通信をOFFにしている場合、低速通信に切り替わる。

しかし、この低速通信状態でも一瞬だけ高速状態にしれくれるのがバースト機能だ。バースト機能を利用すれば「遅すぎて使い物にならない!」ということがない。

webサイトの閲覧 → 普通に見られる。画像が多いと遅い。
Gmail → 全く問題なし。
LINEの音声通話 → 全く問題なし。
Youtube → 画質を144pに落とすとなんとか見れる。
アプリのダウンロード → 無理
Google Map → かなり遅い

普通に使う分には全く問題ないので、無理をして多くのデータ通信量を申し込む必要はない。
 
 
・追加クーポンでデータ通信を最小限にできる

もしデータ通信を使い切ってしまった場合、100MB単位で細かく追加クーポンを購入することができる。例えば、ミニマムスタートプランは1ヶ月に2GBまで使用可能だ。2GBを超えてしまった場合、低速通信に切り替わる。

しかし、追加クーポンを購入すれば、高速通信が利用可能となる。クーポンは1枚200円/100MBとなっている。クーポンを利用するかどうか(ON/OFF)を設定できる。有効期限は購入月から3ヵ月後の末日までだ。

100MB単位で購入できるので、ミニマムスタートプランを利用して追加購入することで費用を最小限に抑えられる。「高速通信で一定量使い切ったら低速通信になる」というプロバイダが多い中、IIJmioなら「自分で高速通信・低速通信を切り替えられる」わけだ。

低速通信で十分なときは低速通信にしておいて、高速通信はアプリのダウンロードや地図の閲覧など、必要なときだけに節約しておけば、貴重な高速通信のデータ量を無駄にすることがない。
 
 
今回の新プランで、機能面に加え価格も他社を圧倒している。格安スマホの先駆的存在であるIIJmio(みおふぉん)だが、先手先手でサービスを展開するためユーザーとして安心できる。

格安スマホを利用するのであれば、IIJmio(みおふぉん)が圧倒的にオススメだ。

IIJmioの公式ホームページはコチラ

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ