格安MVNOを牽引している「IIJmio」

格安MVNOを牽引している「IIJmio」2014年に大きなブームとなった「格安スマホ」

ドコモ・ソフトバンク・auと契約するのではなく、MVNOという格安通信を提供している会社と契約することで、スマホの料金を節約できる。

大手キャリアだと毎月8,000円程度掛かるが、格安スマホに変えることで半額以下にすることも可能だ。MVNOを展開しているのは、IIJmio(アイアイジェイ ミオ)・OCN・BIGLOBE・DMMモバイルと多岐にわたる。

今回は、MVNOの中でも圧倒的に人気がある「IIJmio」(アイアイジェイ ミオ)について、詳しく解説していく。




 

格安スマホとは?

格安スマホとは?ウィルコムから新しく生まれた「Y!モバイル」など、格安スマホが普及した。また、格安SIMカードのサービスも普及したのが2014年だった。

「ドコモ・ソフトバンク・au以外はよく分からない」という方は、まず格安スマホについての理解が必要だ。
 
 
 
・SIMカードとは?

よく「格安SIMカード」や「SIMロックフリー」といった言葉を聞くだろう。SIMカードとは、スマートフォンに入っている電波をキャッチするカードのことだ。

スマートフォンに入っている小さなカードが、ドコモ・ソフトバンク・auなどの電波をキャッチしている。SIMカードは通常お店の人が入れているため、見たことがない方もいるかもしれない。

例えば、ドコモでiPhone6を購入した場合、そのiPhone6はドコモのSIMカードしか使えない仕様となっている。
 
 
 
・SIMロックフリー端末とは?

SIMロックフリー端末とは、「どこのSIMカードでも使用できるスマートフォン」のことだ。SIMロックフリー端末を購入し、格安SIMカードを使うと、毎月の通信費を節約することができる。
 
 
 
・格安SIM会社はなぜ安い?

格安SIMカードを提供している会社は、BIGLOBE・IIJmio・日本通信・ニフティ・DMMモバイルなど、様々な業者が参入している。

これだけの業者が参入すると、当然価格競争が起こる。また、ドコモなどのキャリアと違い、格安SIM会社は店舗を持っていない。店舗の家賃や人件費だけでなく、テレビCMなどの費用も掛かっていない。これが、格安でSIMカードを提供できる理由だ。
 
 
 
・格安SIMカードの電波はつながる?

「ドコモなどのキャリアじゃないと、電波が繋がりにくいんじゃないの?」と思うかもしれないが、心配はいらない。

なぜなら、格安SIMカード会社は、ドコモなどの携帯キャリアから電波を貸してもらっているからだ。つまり、携帯キャリアが入る場所であれば、格安SIMカードであっても電波がつながる。

 


IIJmioの料金

IIJmioの料金IIJmioの料金プランは3つある。「ミニマムスタートプラン」「ライトスタートプラン」「ファミリーシェアプラン」だ。

「ミニマムスタートプラン」と「ライトスタートプラン」は、使用できるデータ容量の違いだけだ。あまりネットを使わない方や、自宅は無線wifiが使えるという方は、「ミニマムスタートプラン」で良いだろう。

「ファミリーシェアプラン」は、その名の通り家族で使うことを想定したプラン。最大3枚までSIMカードを利用できる。

ミニマムスタートプラン(3GB/月) : 900円
ライトスタートプラン(5GB/月) : 1,520円
ファミリーシェアプラン(10GB/月) : 2,560円
※音声通話を利用する場合は、+700円が別途必要

 

IIJmioのメリット3つ

IIJmioのメリット3つなぜ、たくさんあるMVNO会社の中で「IIJmio」が人気なのだろうか?格安MVNOは競争が激しく、他の会社と比べても料金はほとんど変わらない。

その中で、IIJmioが選ばれている理由を3つ紹介する。
 
 
 
・通信が安定している

格安のMVNO会社では、通信が遅い場合がある。価格が安いため多くの方が利用した結果、MVNO会社が確保している通信量をオーバーしてしまうためだ。

そのため、格安スマホに変更する際には、OCN・BIGLOBE・IIJmio・DMMモバイルなど、大手のMVNO会社をオススメする。大手のMVNO会社は、通信障害が出ないように対策しているためだ。

IIJmioの評判が高い理由の一つに、安定した通信速度が挙げられる。日経トレンディにも特集されていたが、IIJmioの通信速度は昼休みや夜8時~10時といった多くの方がネットを使う時間帯でも、速度が落ちることがほとんどない。
 
 
 
・バースト機能

IIJmioの特徴として、「バースト機能」が挙げられる。DMMモバイルもバースト機能を搭載している。

IIJmioは、データ通信量を使い切った場合や、高速データ通信をOFFにしている場合、低速通信に切り替わる。

しかし、この低速通信状態でも一瞬だけ高速状態にしれくれるのがバースト機能だ。バースト機能を利用すれば「遅すぎて使い物にならない!」ということがない。

webサイトの閲覧 → 普通に見られる。画像が多いと遅い。
Gmail → 全く問題なし。
LINEの音声通話 → 全く問題なし。
Youtube → 画質を144pに落とすとなんとか見れる。
アプリのダウンロード → 無理
Google Map → かなり遅い

普通に使う分には全く問題ないので、無理をして多くのデータ通信量を申し込む必要はない。
 
 
 
・追加クーポンでデータ通信を最小限にできる

もしデータ通信を使い切ってしまった場合、100MB単位で細かく追加クーポンを購入することができる。例えば、ミニマムスタートプランは1ヶ月に2GBまで使用可能だ。2GBを超えてしまった場合、低速通信に切り替わる。

しかし、追加クーポンを購入すれば、高速通信が利用可能となる。クーポンは1枚200円/100MBとなっている。クーポンを利用するかどうか(ON/OFF)を設定できる。有効期限は購入月から3ヵ月後の末日までだ。

100MB単位で購入できるので、ミニマムスタートプランを利用して追加購入することで費用を最小限に抑えられる。「高速通信で一定量使い切ったら低速通信になる」というプロバイダが多い中、IIJmioなら「自分で高速通信・低速通信を切り替えられる」わけだ。

低速通信で十分なときは低速通信にしておいて、高速通信はアプリのダウンロードや地図の閲覧など、必要なときだけに節約しておけば、貴重な高速通信のデータ量を無駄にすることがない。

 

IIJmioは最強のMVNO会社

IIJmioは最強のMVNO会社2015年2月現在、MVNO会社の中で価格面・性能面を比べると、IIJmioは最もコスパが高いMVNO会社だ。

IIJmioはMVNO会社の先駆けで、既に参戦して2年近く経っている。
新しくサービスを開始したDMMモバイルもかなり良いサービスを行っているが、価格面ではほぼ同じなので安定性を考慮すると、IIJmioがオススメだ。

IIJmioの公式ホームページはコチラ

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ