「じぶん仲介」は今までにないお部屋マッチングサービス

1

最近リリースされて話題となっているお部屋のマッチングサービスアプリ「じぶん仲介」をご存じでしょうか?

じぶん仲介は、今住んでいる人から情報が得られるお部屋探しアプリです。ネットを使って自分で調べられるようになったとはいえ、今そのエリアに実際住んでいる人の方が情報量が多いです。

ネットだけでは分からないお店・病院・騒音・治安・学校など、そのエリアに住んでいる様々な情報を得ることが可能です。

また、あなたが自分の住んでいる物件の周辺情報を投稿し、そのエリアに引っ越したユーザー毎に、5,000円分のギフトカードが進呈されます。

今回は、「じぶん仲介」について詳しく紹介します。




じぶん仲介の使い方|部屋・近隣を紹介する

2

まず、じぶん仲介の使い方について、部屋・近隣を紹介する側から解説します。
 
 
・ルームアルバムを作る

まずは、あなたが住んでいる部屋や近隣の情報について、ルームアルバムを作ります。

その部屋の住み心地・使い勝手・オススメのお店・学校の情報など、住んでいるからこそ分かる情報を掲載しましょう。
 
 
・質問に答える

実際にそのエリアに住んでみたい方から、質問が届く場合があります。質問をする人はその土地に住むことを真剣に考えているので、丁寧に答えましょう。
 
 
・入居者が決まればお礼をゲット

あなたの投稿を見て、入居希望者が不動産会社に問い合わせます。契約が決まると、5,000円分のギフトカードが進呈されます。

 


じぶん仲介の使い方|部屋を探す

3

次に、新しい部屋を探している方へ、じぶん仲介の使い方を紹介します。
 
 
・部屋を検索する

まずはエリアや間取りなど、条件に合った物件を検索しましょう。ユーザーが投稿したルームアルバムを見ることができます。
 
 
・質問をする

実際にそのエリアに住んでいる人に、住み心地や使い勝手を聞いてみましょう。
 
 
・不動産屋に問い合わせ

アプリから直接、不動産会社に問い合わせることができます。入居の手続きや契約は不動産会社で行います。

 

じぶん仲介のメリット3選

4

次に、じぶん仲介を使うメリットを紹介します。
 
 
メリット①「紹介料がもらえる」(部屋・近隣を紹介する人)

あなたの部屋や近隣を紹介し、実際に不動産会社でユーザーが契約した場合に、5,000円分のギフトカードが進呈されます。

ポイントは「契約するたびに謝礼がもらえる」ことです。あなたの部屋でなくても、あなたの投稿から近隣に引っ越すユーザー毎に謝礼がもらえるので、副業アプリにもなります。
 
 
メリット②「ネットでは得られない情報が手に入る」(部屋を借りる人)

じぶん仲介の最も大きなメリットとして、実際にそのエリアに住んでいるユーザーから情報が得られることです。

紹介する側は5,000円分のギフトカードがもらえるので、かなり詳細な情報を掲載しています。ネット検索だけでは得られない、住み心地・使い勝手・オススメのお店・学校の情報などが手に入ります。
 
 
メリット③「個人情報が守られている」

あなたの住んでいる部屋やエリアを詳しく紹介しますが、住所・名前など個人情報はしっかりと守られています。

紹介料が高いにも関わらず、次の入居者に顔を合わせることもありません。ユーザーから質問を受けるチャット機能も、匿名でのやり取りとなります。

 

じぶん仲介のデメリット2選

5

次に、じぶん仲介のデメリットを紹介します。
 
 
デメリット①「地方都市は情報が少ない」

じぶん仲介のアプリはリリースされて日が浅いので、地方都市の情報はまだ少ないです。

これから普及していくので今後は件数が増えていきますが、欲しい情報が見つからない場合もあります。
 
 
デメリット②「情報量に差がある」

ユーザーは紹介料があるのでしっかりと近隣情報を紹介していますが、情報量には差があります。その地域に詳しい人を見つけて、質問を送ってみましょう。

 

部屋を探す上で「生の声」は最も重要

6

これまで部屋探しのアプリはたくさんありましたが、実際に住んでいる人の「生の声」が聞けるサービスは「じぶん仲介」が初めてです。

これから転居する人が自分の部屋を紹介している場合も多く、運よく同じマンション・アパートに住んでいる人が見つかったら最高ですね。

契約するたびに謝礼がもらえるので、副業アプリとしてもオススメです。

「じぶん仲介」の公式ページはコチラから