自動車税は年に1回支払う必要がある

自動車税は年に1回支払う必要があるあなたが車を所有しているのであれば、「自動車税」に関する知識はしっかりと把握しておいてほしい。

自動車税とは、車を持っている人全員が年に1回だけ支払う税金だ。自動車税の仕組みと支払い方法を知っていれば、確実に得することができる。

自動車税は4月1日現在の所有者に対し、5月上旬頃に納税の通知書が送られてくる。納税期限は5月31日となっており、金額は下記のように排気量によって異なる。

総排気量1リットル以下 : 29,500円
総排気量1リットル超1.5リットル以下 : 34,500円
総排気量1.5リットル超2リットル以下 : 39,500円
総排気量2リットル超2.5リットル以下 : 45,000円
総排気量2.5リットル超3リットル以下 : 51,000円
総排気量3リットル超3.5リットル以下 : 58,000円
総排気量3.5リットル超4リットル以下 : 66,500円

今回は、自動車税について詳しく解説していく。




 

自動車税は支払い方法を工夫して節約できる

自動車税は支払い方法を工夫して節約できる自動車税を節約する上で大切なのは、「nanacoカード」を活用してセブンイレブンで支払うことだ。

nanacoカードは公共料金や税金も支払える電子マネーだ。通常だとnanacoカードで支払うと1%分のポイントがもらえるが、公共料金や税金の場合はポイントがもらえない。

しかし、nanacoカードにお金をチャージする時に、クレジットカードのポイントをもらうことが出来る。nanacoカードへのチャージは一部のJCBカードのみが対応しており、最もオススメなのが「リクルートカード」のJCBブランドを作ることだ。

あなたが排気量2リットルの車に乗っている場合、ポイント還元率が脅威の2%となっているリクルートカードでは、nanacoカードに39,500円のチャージを行うと790円分のポイントをもらうことができる。

つまり、自動車税が実質38,710円となるのだ。自動車税の他にも様々な公共料金支払いで使える節約術なので、ぜひ把握しておきたい。

↓リクルートカードの詳細は下記の記事をチェック!
リクルートカードプラスは還元率2.0%|最大限活用する方法10選

 


3月31日までに車を買い替えることも検討しよう

3月31日までに車を買い替えることも検討しよう自動車税を節約する最も簡単な方法は、「3月31日までに車を売ってしまう」ことだ。

あなたが排気量2リットルの車に乗っている場合、4月1日が過ぎると39,500円の自動車税が掛かる。しかし、3月31日までに売ってしまえば、1円も掛からないのだ。

3月に車を購入して4月1日になった場合、自動車税は購入した時から月割になる。1ヶ月分の自動車税は、2000ccで3,300円だ。

つまり、39,500円-3,300円=36,200円が節約できる。「車は買い換えたい」と思っている方は、自分の車がいくらになるのか一度見積もりをオススメする。

私も何度か車を買い替えているが、中古車の買取は「ガリバー」の金額が高いことが多い。WEBで一度無料見積もりを取ってみよう。

「ガリバー」の公式ページはコチラから