2016年4月から始まる「電力自由化」

2016年4月から始まる「電力自由化」ついに2016年4月から始まる「電力自由化」。ニュースでも多く取り上げられているため、名前だけは知っている方が多い。

エネオス電気やソフトバンク電気といった、電力会社ではない企業もサービス開始を表明しており、テレビCMが頻繁に流れている。しかし、ほとんどの方が電力自由化という言葉は知っているものの、内容を把握できている方は少ない。

そこで、今回は「電力自由化」があなたの生活にどのようなメリットをもたらすのかを詳しく解説していく。

スポンサーリンク

 

電力自由化とは?

電力自由化とは?電力自由化とは、色々な電力会社の電気料金プランを比較して、自分に合った電力会社を選べる制度だ。

今までは、首都圏に住む人は東京電力、関西に住む人は関西電力といった形で、各地域ごとに決められた電力会社から電気を購入できなかった。電力自由化ではこの規制が緩和され、新しい電力会社が参入できるようになったのだ。

今回自由化されたのは、「電力の送電」部分だ。発電所が作った電気を家庭まで送電する事業者を選べるようになる。電気の設備はこれまでと同じ物を使うので、例えば東京電力からソフトバンク電気に変更したからといって、工事が発生する訳ではない。

 

電力自由化によるメリット3選

電力自由化によるメリット3選電力自由化により、どのようなメリットがあるのかを詳しく解説する。
 
 
・電気料金が安くなる

これまでは電力会社を選ぶことができなかったため、電気料金は電力会社が独自に決めていた。

将来の一定期間に見込まれる電力使用量と設備を想定し、必要な原価に利益を加えたものを電気料金に算定してきた。国の審査はあるものの、利用者にとっては電力会社の言い値で支払っていたことになる。

しかし、電力会社を選べるとなると、会社同士での競争が行われる。その結果として電気料金が安くなる可能性が高い。
 
 
・セット割引などサービスが増える

電気料金の競争だけでなく、各電力会社ではセット割引を展開するサービスが多くなる。

電気料金を大きく下げるのではなく、その会社が出している他のサービスを割引する内容だ。ソフトバンク電気であれば携帯電話の料金を安くしたり、エネオス電気であればガソリン料金の割引といったサービス内容だ。

セット割引が多く行われると、利用者にとってメリットが大きい。
 
 
・環境に配慮した契約も可能

エコの意識が高い方にとっては、料金以外の面でも選ぶ選択肢が増える。電力自由化の中には太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーで発電する事業者も出てくるため、そういった会社を選ぶとエコに貢献できる。

 

電気料金の値上がり懸念もある

電気料金の値上がり懸念もある電力自由化はメリットばかりではない。諸外国では日本よりも早く電力自由化を行っているが、電気料金が高くなるケースも多い。

電気料金は、燃料費の高騰・天候悪化・災害の影響を大きく受ける。今は災害があっても国の方針で電気料金は大きく跳ね上がることはないが、自由化になると電気料金が大きく上がってしまうケースもある。

また、これまで電力を扱ってこなかった会社に切り替えるのは不安もあるだろう。「急に電気が止まるのではないか」と心配する方もいるが、政府は電気の安定供給のためルールを作っている。

安定供給の要である送配電網には規制を残し、既存の電力会社の独占を認める代わりに安定供給の義務を課すことにした。新電力がトラブルなどで十分な電気を確保できない場合でも、既存の電力会社が不足分を補うことになる。

つまり、請求書の相手は変わるものの、電力供給は何も変化がない。供給面での不安はしなくても大丈夫だ。

 

自分にあった電力会社は「エネチェンジ」で探してみよう

自分にあった電力会社は「エネチェンジ」で探してみよう電力自由化によって100社以上が小売電気事業者に登録しており、その中から自分に合った会社を探すのは大変だ。

あなたが住んでいる地域によっても選べる事業者は違う。そこで、自分の地域に合った電力会社を比較できるサイトで検索してみよう。

無料で電力会社を比較できる「エネチェンジ」では、郵便番号などを入力すると簡単に電力会社を比較できる。

これだけ話題になっている「電力自由化」。まずはどのような電力事業者があるか比較してみよう。

「エネチェンジ」の公式サイトはコチラから