家計簿をつけている人は貯蓄額が55万円多い

家計簿を付けている人は貯蓄額が55万円多い4月より消費税が8%に上がり、物価が上がっている。さらにガソリン価格も高騰しており、あなたも「節約をしなければ!」と思っているのではないだろうか?

今回は家計簿のつけ方と重要性を紹介する。家計簿を付けているかどうかで、数年後のあなたの貯蓄額が変わるからだ。

消費増税後に行われた調査では、「家計簿を習慣的につけているか」という質問に対し「家計簿をつけている」と答えた方は52%と約半数にとどまっている。

また、「家計簿をつけている人」の平均は年収592.2万円・貯蓄額936.8万円に対し、「家計簿をつけていない人」では収入608.8万円・貯蓄額881.3万円となっている。「家計簿をつけている人」は、平均世帯年収が2.8%低かったにも関わらず、平均貯蓄額が5.9%高かった。貯蓄額に55.5万円の差が出ており、この調査を見ても家計簿をつける重要性が理解できる。

しかし、家計簿のつけ方が分からないという方が多い。今まで家計簿の本やエクセルでつけていたが、面倒で続かないためだ。

先ほどの調査では、「家計簿をつけている人」(52%)に対し、家計簿のつけ方を調査している。

「普通のノートに記入」(24%)、「家計簿手帳(家計簿専用のノート」(17%)といった紙への記入に対し、「パソコンの表計算ソフト」(32%)、「パソコンの家計簿専用ソフト」(21%)、「スマートフォンの家計簿アプリ」(17%)といったパソコンを利用した家計簿のつけ方が上回っている。

節約部では、自動家計簿作成サービス「マネーフォワード」の利用を勧めている。紙への記入やエクセルでの管理は非常に面倒で、どうしても続かないためだ。今まで家計簿が続かなかった人でも、「マネーフォワード」であれば続けることができる。もちろん利用料も無料だ。

スポンサーリンク

 

自動家計簿作成サービス「マネーフォワード」とは?

自動家計簿作成サービス「マネーフォワード」とは?まずは「自動家計簿作成サービスって何?」と思った方へ、詳しく解説していく。

自動家計簿サービスとは、銀行・クレジットカード・証券会社などの情報を登録しておくと、利用履歴を全て一括管理してくれるサービスだ。

紙やエクセルで家計簿を管理する場合、自分が口座を持っている銀行や証券会社にログインをして、利用履歴を家計簿に記入する必要がある。しかし、マネーフォワードを使えば自動で家計簿をつけてくれるので、手間が全く掛からない。

例えば、電気代7000円が銀行から引き落とされると、マネーフォワードで勝手に「光熱費(電気代)」に割り振られて、家計簿が自動で入力される。

クレジットカードの利用履歴も全て割り振ってくれるので、節約部では可能な限りクレジットカード払いをすることをオススメしている。ポイントが付くだけでなく、家計を自動で管理できるようになるためだ。

例えば、今までクレジットカードを2枚使っていた方は、送られてくる明細を全て家計簿に書き写す必要がある。マネーフォワードは、この手間も0にしてくれるのだ。

↓クレジットカードの選び方は下記の記事で紹介している。
節約のために絶対知っておくべきお得なクレジットカードの選び方

パソコンからでも、スマホのアプリからでも入力や管理が可能だ。夫婦の間で家計簿を共有することもできる。あとは現金で使った金額をスマホやパソコンからマネーフォワードに入力するだけで、自動で家計簿ができる。

これまで家計簿のつけ方が分からない、家計簿をつけても続かないというあなたは、ぜひマネーフォワードを使ってみよう。

↓マネーフォワードの詳しい内容は下記の記事で紹介している。
マネーフォワード|絶対に挫折しない自動家計簿作成サービス

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ