格安スマホのメリット・デメリットを把握しよう

格安スマホのメリット・デメリットを把握しようあなたが電話をあまり使わないのであれば、格安スマホに変えることでかなりの節約ができる。

現在、各キャリアで定番のプランは月額8,000円(税別)だ。下記の内容となっている。

基本使用料:2,700円(カケホーダイ込み)
インターネット利用料:300円
インターネット通信量:5,000円(5GB)

毎月8,000円(税抜)なので、年間で96,000円(税抜)をスマホに支払っていることになる。家族2人だと192,000円(税抜)だ。

大手キャリアのスマホ利用料があまりに高いので、格安スマホに切り替える方が急激に増えている。しかし、安いからといって安易に切り替えてしまうと、後悔してしまう場合も多い。

今回は、格安スマホのメリット・デメリットを紹介する。


 

格安スマホのメリット

格安スマホのメリット格安スマホのメリットは、下記の2つだ。
 
 
①月額料金が安い

大手キャリアの料金体系は、月額8,000円(税抜)の代わりに端末代金が2年間の利用で0円になることだ。

格安スマホの場合、端末代金は別途発生する。通信量が同じ5GBの音声通話込プランであれば、DMMモバイルで月1,980円+端末代だ。SIMフリースマホで最も人気のあるZenfone5は端末代金26,800円(税抜)のため、2年間使用する場合は月1,116円(税抜)だ。

1,980円+1,116円=月3,096円(税抜)

通話料は別途掛かるものの、大手キャリアに比べて半額以下で運用できる。
 
 
②2年契約の縛りがない

大手キャリアの場合、2年契約で25ヶ月目に解約をする場合は解約料が掛からない。しかし、解約を忘れていると、26ヶ月目以降は更に2年間経たないと、9500円(税抜)の解約料が掛かってしまう。

あなたが欲しい端末がもうすぐ出るのに、2年縛りなので欲しい機種が買えない場合など、2年縛りは不都合なことが多い。

格安スマホの場合、その会社にもよるが1年以上使っていればいつでも解約できるプランが多くなっている。自由度が増すので、かなりのメリットだ。

 


格安スマホのデメリット

格安スマホのデメリット格安スマホは端末料金が安いが、デメリットもある。
 
 
①通話料が高い

現在、大手キャリアでは通話は基本料金の中に含まれているので、別途費用が掛からない。しかし、格安スマホの場合は20円/30秒(税抜)だ。

通話が安くなる「楽天でんわ」のアプリを使えば、半額の10円/30秒(税抜)となる。(登録料や月額使用料はなし)また、LINEやskypeなどを使用している方は、通常の電話をする機会は少ないだろう。

格安スマホを利用する条件として、通常の電話が少ない人しかお得にならない。電話を頻繁にするのであれば、カケホーダイを展開している大手キャリアを利用しよう。
 
 
②キャリアメールが使えない

LINEで連絡を取るので、メールアドレスを使わなくなったという人は多い。格安スマホでは、「@docomo.ne.jp」「@softbank.ne.jp」といったメールアドレスがない。

Gmailなどを使えば無料でメールを使えるので問題ないが、キャリアメールがないのはデメリットとなる。
 
 
③対面サポートがない

格安スマホが安い理由は、大量のテレビCM投下や全国にお店を展開する人件費などがないためだ。大手キャリアであれば、困ったときにお店へ行けば対応してくれる。しかし、格安スマホは電話でのサポートのみなので、スマホの初心者にはオススメしない。

 

格安スマホを利用する上での注意点

格安スマホを利用する上での注意点格安スマホを利用する場合、3つの注意点がある。
 
 
①SMS対応でないとLINEなどの認証ができない

LINEやFacebookなど、SMSを利用しての認証が必要なアプリがある。格安スマホの場合、別途契約(月額150円程度)が必要なので、アプリを利用するのであれば追加しておくべきだ。
 
 
②通信速度が遅い格安SIM会社もある

格安スマホを展開する会社は、通信網を主にNTTドコモから借りている。しかし、その借りている量が少なく、利用者が多い場合は通信が遅いことがある。

「IIJmio」や「DMMモバイル」であれば、様々な口コミをチェックしたが通信は安定している。安いだけで選ぶと、後悔する場合がある。
 
 
③SIMフリースマホは機能が低い

SIMフリースマホは、格安のため機能が低い。最も人気のあるZenfone5は、約2年前ぐらいのスペックとなっている。最新のZenfone2であれば、かなり最新機種に近い性能になってきたが、1万円ほど値上げをしている。

↓「Zenfone5」の詳細はコチラ
ZenFone 5を徹底レビュー|コスパ最強の格安スマホが登場!

↓「Zenfone2」の詳細はコチラ
Zenfone2の発売日は5/16(土)!SIMフリー端末で最もオススメ

SIMフリースマホの他に、「白ロム端末」と呼ばれる物がある。大手キャリアで契約をして、SIMカードを抜いた状態の端末だ。一括無料で契約をして、未使用のまま売る方が多いため、格安で販売されている。

格安スマホのほとんどはNTTドコモから回線を借りているため、SIMフリー端末でなくてもNTTドコモの白ロム端末であればそのまま使用できる。私は、白ロム端末で「Xperia Z3」を使っている。

↓「Xperia Z3」の白ロム端末詳細はコチラ
Xperia Z3の白ロムを購入!格安SIMで携帯代を月3,691円で運用する

 

格安スマホはこんな人にオススメ

格安スマホはこんな人にオススメ格安スマホのメリット・デメリット・注意点を紹介してきたが、まとめると格安スマホは下記のような人にオススメだ。

・とにかく通信費を節約したい方
・通話をほとんどしない方
・2年縛りが嫌な方

私が最もオススメしているのは、ドコモの白ロム端末+格安SIMの組み合わせだ。格安SIM会社は、「IIJmio」か「DMMモバイル」をオススメする。

「IIJmio」「DMMモバイル」は、2015年4月に料金改定をしてさらに安くなった。安いだけでなく通信が安定しており、翌月への持ち越しや低速通信になった場合でも速く通信できるバースト機能など、現在では他の格安SIMを圧倒している。

↓「IIJmio」の詳細はコチラ
IIJmio(みおふぉん)がさらに割引の新料金プランを発表!各コースで1GBプラス!

↓「DMMモバイル」の詳細はコチラ
格安スマホにDMMモバイルが登場!メリット・デメリットを解説

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ