格安スマホにしたいけどiPhoneは変えたくないという方へ

格安スマホにしたいけどiPhoneは変えたくないという方へ「格安スマホが流行っているけど、使い慣れたiPhoneは変えたくない」という方は多いです。

楽天スマホ・イオンモバイル・マイネオなど、テレビCMがたくさん流れています。しかし、ほとんどの方が契約していない理由として「使い勝手が悪くなる」イメージがあるためです。

今まで通りネット回線が繋がって、iPhoneが使えるのであれば、心配することなく乗り換えるでしょう。

まず、ネット回線については全く問題ありません。格安スマホはドコモやauから電波を借りているので、大手キャリアが繋がる場所であれば格安スマホでもつながります。

しかし、格安スマホでiPhoneを使用するのは、少し知識が必要です。今回は、格安スマホでiPhone6sを使う方法を紹介していきます。


 

今持っている大手キャリアのiPhone6sを使用する場合

今持っている大手キャリアのiPhone6sを使用する場合あなたが今iPhone6sを持っているのであれば、キャリアによって対応が異なります。

まず、docomoのiPhone6sであれば全く問題ありません。格安SIM各社は、ほとんどがdocomoの回線を借りているためです。

例えば、あなたがDMMモバイルと契約した場合、DMMモバイルはdocomoの通信網を使用しているため、iPhone6sに入っているSIMカードを差し替えるだけで使用することが出来ます。

次にauの場合は、対応している格安SIMが少ないです。「マイネオ」や「UQモバイル」がau回線の格安SIMです。

↓「マイネオ」の詳細は下記の記事をチェック!
mineo(マイネオ)格安スマホの評判|メリット・デメリット7選

↓UQモバイルの詳細は下記の記事をチェック!
UQモバイルの評判|使って分かったメリット・デメリット8選

選べる範囲は少ないですが、auで購入したiPhoneでも使用可能です。SoftBankの場合は、格安SIMに対応していないため、使うことは出来ません。

 


新しくiPhone6sを購入する場合

新しくiPhone6sを購入する場合次に、新しくiPhone6sを購入する場合について紹介します。

まず、最も一般的な方法がアップルストアでSIMフリーのiPhone6sを購入することです。この場合、税込66,744円となります。

しかし、新品のiPhone6sをさらに安く買う方法があります。それは「白ロム端末」を購入する方法です。

白ロム端末とは、docomo・ソフトバンク・auなどで販売されたスマホで、SIMカードを抜いた状態の商品です。

例えば、docomoで購入した端末は、docomoのSIMカードしか使えないように設定されています。対してSIMフリー端末は、どのSIMカードも使用可能となっています。

格安SIMはほとんどがdocomoの通信網を使用しているので、docomoの白ロム端末を購入すればそのまま使用することが出来ます。

docomoのiPhone6sで白ロム端末を購入した場合、税込57,800円となります。SIMフリー端末よりも9,000円程度安く購入することが出来ます。

また、iPhone6であれば45,800円です。昨日は大きく変わらないため、iPhone6でも十分ですね。2万円程度安く購入することが出来ます。

↓白ロム端末については下記の記事をチェック!
白ロム端末は絶対オトク!メリット・デメリット4選

 

格安スマホだとこれだけ料金が抑えられる!

格安スマホだとこれだけ料金が抑えられる!大手キャリアで契約した場合と、白ロム端末で格安スマホを購入した場合を比較します。

一番よく見られる契約方法としては、大手キャリアだと下記のような契約です。

使用機種 : iPhone6
カケホーダイプラン(電話代定額サービス) : 月額2,700円
通信量5GB : 月額5,000円
SPモード(インターネット通信) : 月額300円
機種代 : 月額2,781円
月々サポート : 月額-2,781円

合計 月額8,640円(税込)
 
 
次に、白ロム端末のiPhone6sを購入し、格安スマホのDMMモバイルで契約した場合です。

使用機種 : iPhone6
通話SIMプラン : 月額1,910円
SMS機能 : 月額150円
機種代 : 月額2,408円
※57,800円÷24ヶ月

合計 月額4,825円(税込)
 
 
格安スマホの場合、通話料は使った分だけ掛かります。最近では電話はLINE電話を使うケースが多いので、特別な理由がなければあまり通話料は掛からないでしょう。

iPhone6sを利用できてこの値段は嬉しいですね。さらに、格安スマホであれば2年縛りがありません。

大手キャリアの場合、2年が経つと自動更新となります。まだiPhoneが使えても、このタイミングで機種変更が必要になってしまいます。

格安スマホは2年縛りが無いため、機種の動きが悪くなってきたら新しい機種を買うことが出来ます。この違いは大きいです。

ぜひ、格安スマホを検討してみてください。

↓主婦の方に向けた格安スマホの選び方は下記の記事をチェック!
主婦向けにおすすめする格安スマホ・SIMカード3選

↓学生に向けた格安スマホの選び方は下記の記事をチェック!
節約したい大学生が選ぶべき格安スマホ3選