東京に高級カプセルホテルが増えている

カプセル1

「カプセルホテル」と聞くと、どのようなイメージを持っているでしょうか?

カプセルホテルに泊まったことが無い方は、カプセルホテルに泊まる人といえば男性や外国人がほとんどで、二段ベッドで泊まるための必要最低限の環境というイメージが強いです。

しかし、最近では「高級カプセルホテル」が急拡大しています。サウナ・露天風呂を完備し、高級で寝心地の良いベッドが置かれ、ダイニングバーなどパブリックスペースが充実しています。

女性が一人で利用するケースも増えており、女性専用やフロアを分けているカプセルホテルも多くなっています。

今回は、高級カプセルホテルについて、詳しく解説していきます。


大人気となっている「ファーストキャビン」

ファーストキャビン

秋葉原・築地・羽田など、都内で展開し大人気となっているのが「ファーストキャビン」です。

最も大きな特徴としては、部屋の天井が高いことです。カプセルホテルは二段ベッドになっているケースが多いですが、ファーストキャビンではキャビン風のパーソナルスペースをロールスクリーンで仕切ることができます。カプセルホテルなのに、立って着替えなどが出来ます。

また、ファーストキャビンではアメニティも充実しています。パウダールームがあり、化粧水・乳液だけでなくメイク落としまで完備されています。ドライヤーとヘアアイロンまで備え付けられているのです。

もはやカプセルホテルの域を超えています。これだけ広いスペースを使えてアメニティが充実しているにも関わらず、ホテルよりは圧倒的に安い料金設定となっています。

その理由は、部屋として使われるコンテナ型のキャビンです。このキャビンはパーツをエレベーターで運べるように設計されており、既存のオフィスビルなどに設置するだけでホテルとしてオープンできます。

内装工事が必要ないので、大幅に設備投資を抑えることができるのです。また、短期間で開業できるので、その分価格を抑えられるのです。

都内で安く泊まりたいのであれば、まずはファーストキャビンがオススメです。

 


その他にオススメの高級カプセルホテル5選

その他に、オススメの高級カプセルホテルを5つ紹介します。
 
 

池袋「BOOK AND BED TOKYO」

泊まれる本屋

「BOOK AND BED TOKYO」は、泊まれる本屋として人気となっています。

実際に本を販売しているのではなく、お気に入りの本を読みながら寝落ちするという最高の眠りへのプロセスを提供してくれます。

本好きな人は、ぜひ一度泊まってみてはいかがでしょうか?
 
 

新宿「安心お宿プレミア」

安心お宿プレミア

「カプセルホテル」と「豪華」をテーマにしたホテルです。

アメニティの充実度や、フリードリンク・味噌汁サービス・マッサージチェア・ティッシュの質にまでこだわっています。
 
 

赤坂「センチュリオンホテルレジデンシャルキャビンタワー」

赤坂

デザイナーズホテルがプロデュースしただけあり、館内はコンパクトかつラグジュアリーです。

日本の和をイメージして作られた空間は別世界に迷い込んだかのよう。フランスベット製の高級マットレスを使用しているので、眠り心地も抜群です。
 
 

田町「田町ベイホテル」

田町ベイホテル

田町ベイホテルは、全フロアや入口がカードキーなので、セキュリティ面で安心です。

女性専用フロアもあり、広々としたパウダールームが用意されています。POLA「エステロワイエ」のハンドソープや、「mod’s hair」のドライヤーが備え付けられています。

カプセルユニットは上下段に分かれており、とてもシンプルで清潔な空間。中は奥行きがあって背の高い方でも余裕を感じる広さです。
 
 

北千住「グランパーク・イン」

グランパークイン

デザイン性の高さが魅力で、館内にバーカウンターが設置されています。また、高級ホテルで見られるようなパイル地のスリッパが用意され、カプセルホテルではほとんどないお持ち帰りできるスリッパを提供しています。

マンガも多く揃っていて、嬉しいですね。

 

高級カプセルホテルに一度泊まってみよう

カプセル2

高級カプセルホテルは各地で展開されていますが、やはり隣の人の声や物音は気になるものです。

アイマスクや耳栓は持っていった方がいいですが、これだけ設備やアメニティが充実しているので、個人的には十分泊まれます。安いホテルで室内のシャワーを浴びるより、大浴場でゆっくりお風呂に入れて格安なのは嬉しいです。

ぜひ、高級カプセルホテルを活用してみてください。