子育てはお金が掛かる

子育てはお金が掛かるあなたは子育てにどれくらいのお金が掛かるのか、きちんと把握しているだろうか?

「中学から私立に通わせたい」と思っている方は特に、子供が小さい時からファイナンシャルプランを立てるべきだ。公立と私立では、1人あたり中学で約250万円、高校で約170万円の差がある。

中学に入学した時から、赤字家計になってしまう方も多くいる。あなたの家計を見直して、黒字家計を目指そう。


 

消費・投資・浪費を見極める

消費・投資・浪費を見極めるまず、あなたが子育てに使っているお金が「消費・投資・浪費」のどれに当たるのか、考えてほしい。消費・投資・浪費の考え方は、下記の記事で紹介している。

あなたが使っているお金は「消費・投資・浪費」の3つの内どれかだ

教育費は「投資」に当たるのであれば、節約する必要はない。しかし、例えば、図書館で借りずに絵本を買ったり、お下がりがもらえるのに服を買っているのであれば、浪費になる。

少しの見直しでも、累積すると大きな違いになる。携帯電話や保険を見直すだけで、10年後にはかなりの節約につながっている。

 


毎日買物をしている人は要注意

毎日買物をしている人は要注意あなたは毎日のようにスーパーに行っていないだろうか?

毎日スーパーに行って特売品を買うことで、節約していると思っている方が多い。しかし、多くの場合は、週に1回まとめ買いをするよりも、お金を多く使ってしまっている。

週に1回まとめ買いをすることで、お金を使い過ぎないように自制できる。また、ネットスーパーを活用すれば、交通費も掛からずに重い荷物を運んでくれる。

食費は必要だが、「浪費」になってしまっている部分もあるはずだ。

 

公共の施設を上手に利用する

公共の施設を上手に利用する子供の教育は、可能な限り両親が行ったほうがよい。しかし、自分では教えられないこともたくさんあるはずだ。

そこで、塾や教室ではなく公共の施設をまずは探してみてほしい。市役所のホームページを見ると、子供向けの教室が多く紹介されているはずだ。

また、図書館では無料で本が借りられ、読み聞かせも頻繁に行っている。公共の施設は普通の教室よりもビックリするほど安いので、必ずチェックしてみよう。

 

少しでも貯蓄できたら十分

少しでも貯蓄できたら十分教育費がかさむ時期は、月2万~3万円を貯金できたら十分と考えよう。

月2万~3万であれば、今行っている節約術を見直せば十分に貯金することが可能だ。まずは今後のお金をシュミレーションしてみて、これから掛かる費用を見直してみよう。

節約術は下記記事でまとめられているので、実践できる物から取り組んでみよう。

節約・貯金をする!絶対に実践すべき6つの方法まとめ

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ