食費を節約する方法を身につければ一生役に立つ

食費を節約する方法を身につければ一生役に立つ家計簿を見返していると「今月も食費が掛かりすぎた」と後悔する人が多いです。

食費節約のコツは様々な方法がありますが、その中でも最も効果が高いのが「まとめ買いをすること」です。スーパーに行くと、予定していなかったお菓子や飲み物など、特売品だったからという理由で買ってしまいます。

この繰り返しが食費を高くしてしまう原因です。そこで、スーパーに行く頻度を減らして、必要な物だけ購入する「まとめ買い」がオススメです。

今回は、食費節約のコツである「まとめ買い」について、詳しく解説していきます。

 

まとめ買いをするコツ4選

まとめ買いをするコツ4選まとめ買いをするコツを4つ紹介します。
 
 
・店内は逆から回る

スーパーに行くと、「野菜・果物 ⇒ 鮮魚 ⇒ 精肉 ⇒ 加工品 ⇒ 乳飲料 ⇒ 惣菜」の順で回るように構成されています。

しかし、私は逆から回ることをオススメします。惣菜コーナーは無視して、乳飲料や肉・魚から回る方法です。

この方法だと、メインの食材が先に決定します。メインの食材を決めた後に、野菜を買った方が効率的です。また、野菜は上に物を乗せずらいので、最後に入れたほうがカゴの安定感があります。
 
 
・5日分の献立を考える

1週間分のまとめ買いですが、5日分の献立を考えて購入しましょう。きっちり決めすぎると、融通が効かず余ってしまうケースが多いです。ラスト2日分は余り物で乗り切りましょう。
 
 
・1週間分の食費を予算化する

あなたの家計で食費が月3万円とすると、1週間分は約7,000円分です。

つまり、スーパーに行ったときには、7,000円以内に抑えることを目標にします。この方法を実践すれば、食費が予算を超えてしまうことはありません。

また、7,000円の中でざっくりと予算化しておきます。肉・魚で2,500円程度、野菜・キノコで1,500円程度といったように予算化しておくと、買う時に目安になります。
 
 
・スーパーは1箇所に絞る

毎週色んなスーパーに行くよりも、スーパーは1箇所に絞った方が効率的です。

知らないスーパーに行くと「どこに何があるか分からない。」という経験がある人は多いです。人は買い物をする時に「この食材があれば○○を作れる」と考えながら歩きますが、どこに何があるか分からないと忘れてしまいます。

そのスーパーでは何が安いかも把握できているので、結果的に節約に繋がります。

 


まとめ買いでは何を買うべきか?

まとめ買いでは何を買うべきか?まとめ買いをする時に、必ず購入すべき物を紹介します。
 
 
・納豆

納豆は栄養価がとても高いにも関わらず、3パックで60円程度と安いです。朝でも夜でも、ご飯の品数が少ない時に役立ちます。
 
 
・もやし

もやしは節約食材の代表ですね。1袋20~30円程度と安く、お味噌汁などにも入れられて万能です。
 
 
・高野豆腐

高野豆腐にはお肌をツルツルにして、脂肪を燃焼する効果があります。マカロニグラタンのマカロニ代わりに使ったり、ハンバーグに混ぜてかさましするなど、ヘルシーにカロリーオフしたい時にもオススメです。
 
 
・白菜

1年中売られていて、カットされたものは100円くらいで買えます。一見栄養がなさそうですが、ビタミンC・カリウムが豊富です。100gあたり14kcalと低カロリーなのも嬉しいです。
 
 
・大根

低価格で手に入る大根は、高い解毒作用のある消化酵素を多く含みます。また、絡み成分のアリル化合物には、胃液の分泌を高めてくれる働きがあり、胃にとって心強い食べ物です。
 
 
・ピーマン

カロテンを豊富に含むピーマンは、美肌作りに効果的です。ビタミンCも豊富に含まれています。
 
 
・ブロッコリー

冬の野菜ですが、1年を通して低価格で買えます。ビタミンA・ビタミンCを豊富に含み、美肌効果もあります。
 
 
・ほうれん草

緑黄色野菜の中でも、特に栄養価が高いのがほうれん草です。鉄分・カリウム・食物繊維が豊富に含まれています。
 
 
・肉

肉は100g100円以内で買える肉を中心に購入しましょう。鶏胸肉・鶏ささみ肉・鶏ひき肉・豚ひき肉・鶏もも肉・豚こま切れ肉・豚ばら肉・豚もも肉あたりが対象になります。
 
 
・魚

魚は、鮭・サンマ・鱈・ブリ等、その日に安くなっている魚を購入しましょう。買い出しに行った日は刺身など安くなっている物を買い、それ以外は干物・冷凍魚を活用しましょう。

 

割引につられずに買うこと!

割引につられずに買うこと!スーパーに行くと、割引されている商品が目を引きます。価格よりも割引率を重要視する人がいますが、あなたにとって適正な価格でしょうか?

1週間分のまとめ買いは、価格よりも「無駄な物を買わない」節約術です。最初から1週間分のまとめ買いをするのは難しいですが、少しずつ実践できるようになりましょう。

また、現金派の方は、クレジットカードでの決済をオススメします。あなたの家庭で食費が4万円であれば、還元率1.2%のクレジットカードで購入すれば月480円分のポイントがもらえます。

年会費無料のクレジットカード決済をするだけで、年間だと5,760円の節約効果があります。必ずクレジットカードを利用しましょう。

↓クレジットカードについては下記の記事をチェック!
年会費無料で最強のクレジットカードはこれだ!4つのカードをランキングで紹介