格安スマホのmineo(マイネオ)

格安スマホのmineo(マイネオ)関西電力グループのケイ・オプティコムが運営している格安SIM「mineo」(マイネオ)は、契約数が40万を突破し人気となっています。

人気となっている理由は、通信が安定していること、データ専用プランでも050から始まるIP電話の通話専用番号がもらえるプランがあるためです。電話番号がもらえて最安値700円ということもあり、人気となっています。

また、mineo(マイネオ)はドコモ回線・au回線が選べることも特徴です。auを使っていた方には、そのままスマホを使えるメリットがあります。

今回は「mineo」(マイネオ)について、詳しく解説してきます。

スポンサーリンク

 

mineo(マイネオ)の料金プラン

mineo(マイネオ)の料金プランmineo(マイネオ)の料金プランは、ドコモプラン・auプランで料金が異なります。
 
 
ドコモプラン(Dプラン) / au(Aプラン) データ通信専用SIM

500MB : 700円
1GB : 800円
3GB : 900円
5GB : 1,580円
10GB : 2,520円
 
 
ドコモプラン(Dプラン) 音声通話SIM

500MB : 1,400円
1GB : 1,500円
3GB : 1,600円
5GB : 2,280円
10GB : 3,220円
 
 
au(Aプラン) 音声通話SIM

500MB : 1,310円
1GB : 1,410円
3GB : 1,510円
5GB : 2,190円
10GB : 3,130円
 
 
mineoは、複数の格安SIMを契約するとお得です。月額料金が1枚につき50円割引(複数回線割)となります。例えばあなたが2つの契約をすると、対象は2枚なので月額料金が各100円割引となります。複数回線割は申し込みの必要なく、自動的に割引となります。

また、「パケットシェア」により効率よくデータを使うことができます。mineoは余ったデータを翌月に繰り越せますが、その余ったデータを家族間で使えるのがパケットシェアです。パケットシェアを利用するには、同じ住所に住んでいる必要があります。パケットをシェアできるのは、あくまで前月の余ったデータです。今月分のデータはシェアが出来ません。

また、パケットギフトという機能があります。家族や知人に自分のデータ通信をあげられる機能です。今月のデータ通信量を分け合いたい場合は、パケットギフトを使うことになります。

その他の費用

その他の費用プラン料金の他に掛かる費用は、下記となります。

契約事務手数料 : 3,000円
SMS月額基本料金 : ドコモプラン 120円/月 ※auタイプは無料
留守番電話 : 300円/月
通話料金 : 20円/30秒
通話定額30 : 月額840円30分の無料通話 (超過後30秒20円)
通話定額60 : 月額1680円で60分の無料通話 (超過後30秒20円)

mineoの特徴としては、解約手数料が掛かりません。しかし、他の会社からMNPをした場合は、契約から1年以内の場合にMNP転出手数料が11,500円掛かります。契約から1年が経過した場合は、MNP転出手数料は2,000円です。MNPせずに解約する場合は、手数料は掛かりません。

mineoのメリット5選

mineoのメリット5選他の格安SIMに比べて、mineoのメリットをご紹介します。
 
 
・LaLaコール(IP電話)

他の格安SIMには無いサービスが「LaLaコール」です。

月額100円を支払えば、050から始まる電話番号をもらうことができます。データ専用SIMでも使えるので、500MBプランであれば月額800円で電話番号も使えることになります。

また、月額100円ですが100円分の無料通話が付きますので、実質無料で使えます。通話料金は携帯電話には18円/分、固定電話には8円/3分となり、通常の電話よりも安くなっています。

LaLaコールはIP電話なので、通常の電話に比べて音質がよくありません。友達との電話はLINEで十分だけど、美容院の予約など固定電話に掛ける場合がある方は、IP電話番号を持っておくのもアリだと思います。
 
 
・ドコモかauのSIMを選べる

他の格安SIMではあまり対応していませんが、ドコモかauのSIMを選ぶことができます。ほとんどの格安SIMは、ドコモ回線のみとなっています。

例えば、あなたがauで2年間携帯を使って解約した場合、auのSIMカードを契約して挿すことで使用できます。auの場合は格安SIMの種類が少ないため、mineoは選ぶ価値があります。
 
 
・通信が安定している

格安SIMの中で、mineoの通信に対する評判は良いです。時間帯によって通信が急に遅くなることもありません。
 
 
・3日間の通信制限がない

格安SIMや大手キャリアでは「3日間で○GBを超えたら通信制限」という会社が多い中で、mineoは3日間の通信制限がありません。
 
 
・MNPで使えなくなる期間がない

現在使用している携帯電話の番号を引き継ぐMNPですが、会社によっては切替によってスマホが使えなくなる期間が発生します。

しかし、mineoの場合は使えなくなる期間がありません。ドコモからの切り替えで1時間程度、auからの切り替えで30分程度で使うことが出来ます。
 
 
・フリータンク

mineoには「フリータンク」という驚くべきサービスがあります。

mineoユーザーが余ったデータを集めるのがフリータンクです。フリータンクに余ったデータを入れると、他のmineoユーザーがフリータンクからデータももらうことができます。

あげるデータ量の制限はありませんが、フリータンクからもらえるのは月1GBまでです。この善意の上で成り立っている制度ですが、しっかりと運営されています。

mineoのデメリット2選

mineoのデメリット次に、mineoのデメリットを2つ紹介します。
 
 
・通話定額が高い

mineoには通話定額プランがありますが、月額840円で30分・月額1680円で60分となっており、いずれにしても高いです。

例えば、楽天でんわのアプリを利用すれば、通話料は10円/30秒となります。楽天でんわはmineoで使用することができ、通話の品質は全く変わりません。

楽天でんわを使用した場合、30分/600円・60分/1,200円となります。つまり、通話定額を使用する意味が全くありません。
 
 
・au端末は注意が必要

auのLoLTE端末は、auのショップでSIMロック解除をしないと使用できません。ドコモはどの端末であってもSIMロック解除は必要ないので、この制限は無くしてほしいです。

データSIMでIP電話は魅力的

データSIMでIP電話は魅力的mineoの最も大きなメリットは、データSIMプランでも050の電話番号がもらえることです。

通常の電話は使わず、無料のLINE電話を使用する方がとても多いですね。電話番号を取得するのは月額700円が必要ですが、ほとんど使わない人も多いです。

050の電話番号があれば、LINE電話などでは出来ないお店の予約などが可能になります。この番号だけで十分という方は多いでしょう。

各プランもとても安く、フリータンクなどのオプションも充実しています。電話番号がいらない方は、特に検討の価値がある格安SIMです。

mineo(マイネオ)の公式ページはコチラから