メルカリの値下げ交渉はコツがある

1

節約生活をしている方は、フリマアプリ「メルカリ」を活用していう方が多いです。

ここ数年でフリマアプリは誰もが使っており、衣料品などお店で買うよりも圧倒的に安く購入することができます。特に子供関係の物については、すぐに使えなくなるので綺麗で格安の物がたくさんあります。

そんなメルカリですが、特徴の一つとして値下げ交渉が可能です。フリマなので値下げ交渉が出来るのは当たり前ですが、値下げ交渉にはコツがあります。

今回は、フリマアプリでの値下げ交渉について、詳しく解説していきます。




メルカリでの値下げ交渉のコツ①「挨拶をする」

2

値下げ交渉をする前に、まず認識してほしいのが「人と人との取引」であることです。「失礼な人だな」と思われると、誰だって売りたくありません。

個人間の取引なので、まずは挨拶から始めましょう。急に「2,000円で売ってください」だけコメントが来ても、返信したくなくなってしまいます。

ちょっとした挨拶文があるだけで、出品者からの印象は変わります。マナーは必要です。

 


メルカリでの値下げ交渉のコツ②「購入する意志があることを伝える」

3

出品者で慣れている方は、「取り置きを頼まれたけど買ってもらえなかった」経験があると思います。

「購入を検討しています」と伝えることで、印象が全く違います。値下げすればきちんと買ってもらえるという意志を伝えることで、値引き交渉にもしっかりと応じてくれます。

値下げ交渉の最大のコツは「信頼されること」です。

 

メルカリでの値下げ交渉のコツ③「即支払いできることを伝える」

7

最近では、購入したのに代金をなかなか支払わないユーザーが多いです。

購入後に値下げ交渉を要求する方もたまにいますし、メルカリ内で転売するためにキープする方もいます。こういった悪質なユーザーには、出品者側も売りたくありません。

「クレジットカードもしくはポイントで即支払いします。」と伝えることで、出品者側は安心します。

 

メルカリでの値下げ交渉のコツ④「金額を明確に伝える」

4

出品者側にとって、「いくらになりますか?」と聞かれても困ってしまいます。

「4,000円にしてください!」というのも失礼なので、「4,000円〜4,500円くらいになりませんか?検討お願いします。」といった形の方が、上から目線では無くなり印象も良いです。

また、最も効果的なのが「5,000ポイントしかないんです・・・。検討お願いします。」という言い方です。これ以上支払えないという明確な根拠を示すことで、出品者の印象も悪くなりません。

「金額を明確に伝える」ことで、値下げ交渉は可能性が高まります。

 

フリマアプリでの値下げ交渉は根拠を示すべき

5

メルカリなどのフリマアプリでは、値下げ交渉で根拠をしっかりと伝えるべきです。

「1円でも安い方が良い」というのは当然なのですが、個人間取引なのでお互いにとって良い取引にすべきです。上から目線にならずに、しっかりと根拠を示して値下げ交渉を行いましょう。

フリマアプリを使いこなせるようになると、大きく出費を減らすことができます。少しずつ挑戦してみてください。

「メルカリ」の公式ページはコチラから