お薬手帳を持っていないと損をする

お薬手帳

あなたは、お薬手帳を持っていないと損をすることをご存じでしょうか?

2016年4月に新しい診療制度が開始され、管理指導料が「おくすり手帳を持参した場合は380円」、「お薬手帳が無い場合は500円」に変更となったのです。

以前は「持参すると410円・持参しないと340円」という、なぜか持参した方が高い料金体系でした。

医療費が3割負担の場合、お薬手帳を持っていないと40円損することになります。しかし、お薬手帳って普段から持ち歩かないので、忘れやすいんですよね。

そこで、今は「お薬手帳アプリ」が出ています。アプリがあれば忘れることがありません。

今回は、「お薬手帳アプリ」について詳しく解説していきます。


そもそも何でお薬手帳が必要なの?

薬

お薬手帳は、いつ・どこで・どんなお薬を処方してもらったかを記帳する手帳のことです。

複数の医療機関を受診している場合や引越しをした時など、お薬手帳を見せるだけで処方されている薬の状況が分かってもらえます。

他の医療機関で薬をもらっている場合、薬が重複したり飲み合わせの悪い薬が処方されてしまう場合があります。また、人によっては体に合わない薬もあります。

お薬手帳があれば、薬剤師さんに自分の情報が分かってもらえて、適切な薬が処方されるのです。

 


オススメのお薬手帳アプリ3選

スマホ

お薬手帳は様々な種類があり、無料で使用できます。今回はオススメのお薬手帳アプリを3つ紹介します。
 
 
「お薬手帳プラス」 日本調剤株式会社

日本調剤薬局の公式お薬手帳アプリです。普段から日本調剤薬局を利用されている方であれば、アプリは迷うことなく「お薬手帳プラス」でOKです。

飲み忘れを防ぐアラート機能などもあり、とても使い勝手の良いアプリです。
 
 
「EPARKお薬手帳」 株式会社EPARK

全国7000以上の薬局で利用可能なのが「EPARKお薬手帳」です。

家族全員分の登録・健康管理を行う機能もあります。これから対応できる薬局も増えてくるので、家の近く薬局・ドラッグストアが対応しているかどうか確認してみましょう。
 
 
「日薬eお薬手帳」 日本薬剤師会

日本薬剤師会が提供しているアプリが「日薬eお薬手帳」です。

アプリとしては使い勝手にやや難ありですが、薬剤師会が出しているので安心感があります。基本的な機能はしっかりと押さえられています。

 

薬局で待たずに薬が受け取れる

女性
 
お薬手帳アプリのメリットは、「お薬手帳を持ち歩かなくても良い」だけではありません。

「お薬手帳プラス」や「EPARKお薬手帳」には、薬局で待たずに薬が受け取れる機能があります。

病院でもらった処方箋を撮影して、薬局に送信する機能です。薬局で薬の用意が出来たらスマホまで通知が届くので、待ち時間無しで薬が受け取れるのです。

薬局で30分ほど待たされる経験は、誰にでもあると思います。風邪を引いている時など、待ち時間があると辛いですね。

この機能に対応している薬局・ドラッグストアは少ないですが、家の近くにあればぜひ利用してみてください。