節約におしゃれ費の削減は必須

節約におしゃれ費の削減は必須お金を節約する上で、おしゃれに費やす費用の削減はとても重要だ。

おしゃれ費に月3~5万円掛けているという方もいるだろう。多くの人と接する仕事をしている方はしょうがない部分もあるが、そう言っていてはお金は貯まらない。

子供の教育費が掛かったり、家を購入したり、たくさんのお金が掛かる中で自分の服にお金を掛けることができない人も多くいるだろう。

今回は、おしゃれ費を月1万円に節約しながら、賢く服を買う方法を4つ紹介する。

 

福袋を活用する

福袋を活用する「福袋はハズレも多いから買わない」という方も多くいるだろう。しかし、上手に節約しながらおしゃれをしている人は、福袋をうまく活用している。

福袋を活用する上では、自分のサイズを知ること、ブランドと自分の服の相性を知ることが大切だ。

ベーシックなブランドであれば、あまりハズレは無い。また、着れないと思った服でも、オークションなどで売ってしまえば良い。

福袋を活用するためには、似合わないと決めつけないことも大切だ。似合わないと決めつける人は、視野が狭くなり同じような服ばかり買ってしまう。

普段のセールでも、5~10万円の商品が1万円で買えることはほとんどない。福袋を活用してみよう。

 


季節の始まりはアウトレットを活用する

季節の始まりはアウトレットを活用する服は基本的に、「春・夏」と「秋・冬」に分けられる。通常、春・夏が始まる3月~6月と、秋・冬が始まる9月~11月は、どこに行っても割引がされていない。

そこで、この季節はアウトレットを活用してほしい。アウトレットでは、下記3つの商品があるからだ。

・キャリー品

昨年売れ残った商品を販売しているため、季節の始まりにも関わらず安く販売されている。安い物だと70%~80%OFFでの販売になっているので、掘り出し物を探そう。

・再生産品

近年アウトレットが増えたことで、1店舗に振り分けられるキャリー品やB級品が減っている。そこで、昨年人気だった商品を再度作ったものが、再生産品だ。

昨年人気の商品が、40~60%で販売されていることが多い。再生産されているので、商品も潤沢にある。サイズ・色もあなたに合った物が見つかるだろう。

・アウトレット専用品

今年のトレンドを取り入れつつ、布やボタンなどを安い材料で生産した商品が「アウトレット専用品」だ。

アウトレット専用品は通常商品で販売されておらず割引が無いため、お店で見ていてもお得感がない。しかし、今年のトレンドを安く取り入れることができるので、うまく取り入れるべきだ。

季節の始まりは一度アウトレットに行って、商品を探してみよう。掘り出し物が見つかるかもしれない。

 

セール期は通常店を活用する

セール期は通常店を活用する7月~8月は春・夏物のセール、12月~2月は秋・冬物のセールがどこのお店でも実施されている。この時期は、通常店でも安く商品を購入できるので、アウトレットよりも商品が揃っている通常店を探してみよう。

この時期に安くなっているのは、今年使える期間が短いためだ。そこで、節約をするためにオススメなのが「来年着る服を買うこと」だ。

これは節約の上級テクニックだ。自分の好みがコロコロ変わる方は、来年の自分の好みが分からないためだ。

しかし、「来年着る商品を買う」ことができるようになると、おしゃれ費を圧倒的に節約することができる。少しずつでもいいので、意識してみてほしい。

 

古着屋を活用する

古着屋を活用する本当にお宝商品を見つけたい人にオススメなのが、古着屋を活用することだ。古着屋では、5万円の商品が2000円~5000円で販売されていることもザラにある。

そこで、大切になるのが「ブランドの知識」だ。ブランドの知識が無いと、その服に価値があるのかどうかが分からないためだ。

自分の好きなブランドだけでいいので、普段から自分に合ったブランドを見つける努力をしよう。好きなブランドが決まってくれば、おしゃれが楽しくなるはずだ。

 

一番の節約術は長く着ること

一番の節約術は長く着ることおしゃれ費を節約する上で、一番の節約術は「長く着ること」だ。

そのためには、あなたのスタイルを保つ努力が必要だ。お宝商品を見つけて、良い物を5年・10年着ることが最も大切となってくる。

限られた予算だからこそ、自分なりのおしゃれを楽しもう。