年会費無料の最強カード「P-oneカード」

P-oneカード|年会費無料で請求額から自動で1%OFFの便利なカードあなたがお金の節約をしたいのであれば、クレジットカード選びは避けては通れない。あなたに合ったクレジットカードを選べば、年間で数万円の節約が可能だからだ。

節約部では、圧倒的な還元率1.75%を誇る「漢方スタイルクラブカード」「REXカード」を紹介してきた。

漢方スタイルクラブカード|還元率1.75%の最強カード徹底紹介
REXカード|節約には欠かせない還元率1.75%のクレジットカード

クレジットカードで支払い可能な物は全てクレジットカードで支払うことで、ポイント還元が受けられ家計簿も自動で付けられる。年間100万円以上使うのであれば「漢方スタイルクラブカード」、年間50万円以上100万円未満であれば「REXカード」が最もお得なカードである。

あなたが一人暮らしや家庭を持っているのであれば、生活費の全てをクレジットカードで払うことで年間100万円以上利用することは簡単だ。

今回紹介する「P-oneカード」は、下記のような方にお勧めだ。

・実家暮らしで生活費は払っていない
・年間50万円以上も使わない
・クレジットカードのポイント交換は手間だ
・サブカードとして利用したい

詳しく解説していこう。




 

P-oneカード最大のメリットは自動で1%OFF!

P-oneカード最大のメリットは自動で1%OFF!ほとんどのクレジットカードはポイントが貯まり、値引きや商品交換となる物がほとんどだ。漢方スタイルクラブカード・REXカードでも、ポイント引換の申請をすると、次回の引き落とし時にポイント分を差し引いて請求してくれる。

今回のP-oneカードは、ポイント引換の申請が必要ない。インターネットから申請するだけなのだが、なぜかポイント引換は面倒なので嬉しいサービスとなっている。

P-oneカードで支払った物は、全て自動で1%OFFしてくれるので全く手間がない。電気、ガス、水道、プロバイダ、携帯なども全て1%OFFになるので、いつのまにか節約につながっている。

金券類や電子マネーのチャージ、ETC利用料などは1%OFFの対象外となっている。2013年5月より、新たに国民健康保険料は支払いの対象となった。

自動車税や住民税、固定資産税など、税金関係も割引対象になったので、使い勝手が良くなっている。

 


P-oneカードは年会費無料!

P-oneカードは年会費無料!節約部でオススメしている「漢方スタイルクラブカード」「REXカード」は年会費がかかる。

・漢方スタイルクラブカード・・・1年目は無料、2年目以降は1,575円/年
・REXカード・・・1年目無料、2年目以降は2,625円/年(年間50万円以上で無料)

漢方スタイルクラブカードは100万円以上使った場合のボーナスが大きいため、年間100万円以上使うのであれば「漢方スタイルクラブカード」、年間50万円以上100万円未満であれば年会費が無料になる「REXカード」を選ぶべきだ。

この2つのカードに対して、P-oneカードは年会費は一切掛からない。クレジットを使う機会が少ない方にとって、年会費無料のP-oneカードは使いやすい。

年会費無料で還元率1%を上回るクレジットカードはほとんどない。しかも自動で1%OFFをしてくれるので、ポイントの有効期限なども気にする必要がないのだ。

 

P-oneカードと楽天カードの比較

P-oneカードと楽天カードの比較P-oneカードと同様に、年会費無料で還元率1%以上のカードとして「楽天カード」がある。テレビCMもよく見かけるので、持っている方も多いだろう。

楽天カードは、クレジットで支払った金額の1%が、楽天ポイントで付与されるというクレジットカードとなっている。

必ず楽天で買物をするという方は良いかもしれない。しかし、Amazonやヤフーなど、他のサイトも見て買う方が多いだろう。

その点、P-oneカードであれば自動で1%OFFになるので、手間無く還元が受けられる。ポイントの有効期限も気にする必要が無いので、私はP-oneカードをお勧めする。

 

まとめ

まとめP-oneカードの特徴を簡単にまとめると下記となる。

・利用金額の1%が自動で割引になる
・年会費が無料

漢方スタイルクラブカードとREXカードの還元率1.75%には及ばないが、クレジットカード払いが少ない方には絶対オススメのカードだ。

クレジットカードを作るのが初めてという方にも、年会費無料でサービスの良いP-oneカードは候補に入るだろう。

お金を貯めたい方は、クレジット選びは面倒がらずに自分に合った物を選ぼう。今後数年で、かなりのお金が貯まっているはずだ。

P-oneカードの入会はコチラから

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ