プリウスで燃費が20km/L前後の方へ

プリウスで燃費が20km/L前後の方へあなたがプリウスに乗っていて、燃費が25km/Lにも届かず「燃費表示はウソじゃないのか?」と思った事はないだろうか?

プリウスは、きちんと運転方法を知っていれば30km/Lを超えることができる。しかし、従来の車で燃費の良い走り方をされている運転方法が、トヨタのハイブリッド車の場合は全く違うため、多くの人が20km/L前後になってしまうのだ。

今回は、燃費を良くするためのプリウスの運転方法を紹介する。


 

プリウス運転方法に関する認識の違い

プリウス運転方法に関する認識の違いあなたは、燃費の良い走り方はどのような走り方か知っているだろうか?

従来だと、燃費の良い車は出来るだけアクセルを強く踏まず、次の信号までアクセルを踏んだままにするのが燃費の良い運転方法だった。

しかし、プリウスなどトヨタハイブリッド車は全くの逆で、ある程度の速度まで数秒で加速し、即座にエンジンを止めて電気で走るように切り替えることが必要になる。

 


プリウスを運転する際の注意点

プリウスを運転する際の注意点・低燃費タイヤを装着する

プリウスの燃費は、タイヤの転がりに大きく左右される。通常のタイヤとAAAの燃費タイヤでは、燃費が8km/L以上違うこともある。また、空気圧は指定よりも高めに設定しよう。
 
 
・信号発信時は素早く加速し、数秒以内でエンジンを止める

ハイブリッド車の場合、エンジンを起動する時間が短いほど、燃費は向上する。つまり、エンジンで出来るだけ早く加速し、あとは電気運転にすることが重要だ。
 
 
・車間距離を広くとる

これは通常の運転と同じだが、車間距離を多く取ることで無駄なブレーキを踏まないようになる。

 

プリウスの運転方法は他と違う

プリウスの運転方法は他と違うプリウスなどトヨタのハイブリッド車に乗っている方は、これまで運転していたガソリン車の乗り方をしていないだろうか?

登り坂もできるだけ早く登り切ってしまうことで、エンジンを使用する時間を短縮することができる。ハイブリッド車の場合、急加速よりもエンジンを使う時間がとても重要なのだ。

これまで燃費を良くするために急発進をしていなかった方は、ぜひ試してみてほしい。

 

この記事を気に入ったら「応援」もしくは「SNSボタン」で共有しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ